法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. スポット
  3. 草津市立水生植物公園みずの森(春〜夏)

草津市立水生植物公園みずの森(春〜夏) くさつしりつすいせいしょくぶつこうえんみずのもり

最終更新日: 2017年9月6日

基本情報

 草津市立水生植物公園みずの森は、三方に湖水が広がる解放感あふれる公園。比良・比叡山を背に、見る角度によってさまざまに変わる琵琶湖の風景はとてもロマンチック。様々な水生植物と出会えるユニークなテーマ施設ロータス館を備え、四季を通じて楽しめる花いっぱいの公園です。

<春〜夏の花>
・アイスランドポピー
・リビングストンデージー
・ミツガシワ
・ワスレナグサ
・チューリップ
・スイレン
・ハナショウブ


●備考
 標準鑑賞時間:1時間から1時間30分

所在地 草津市下物町1091
アクセス
公共交通機関
JR琵琶湖線 「草津駅」 下車 バス 25分 「みずの森」下車すぐ
名神「栗東IC」から約30分、名神「瀬田西IC」または新名神「草津田上IC」から約35分
駐車場
普通車 97 台
大型車 3 台
障害者用 4 台
料金 大人300円、高大生250円、小中学生150円
団体(20名以上)大人300円、高大生250円、小中学生150円
※県立琵琶湖博物館常設展との共通券もあり
営業時間 9:00から17:00(最終入園16:30)
夏季 7:00から17:00(最終入園16:30) 
定休日など 月曜日(休日の場合は翌日)・年末年始(12/28から1/4)
ホームページ 草津市立水生植物公園みずの森
お問い合わせ

草津市立水生植物公園みずの森

TEL:077-568-2332

FAX:077-568-0955

観光・レジャー

 草津市立水生植物公園みずの森は、三方に湖水が広がる解放感あふれる公園。比良・比叡山を背に、見る角度によってさまざまに変わる琵琶湖の風景はとてもロマンチック。様々な水生植物と出会えるユニークなテーマ施設ロータス館を備え、四季を通じて楽しめる花いっぱいの公園です。(春〜夏の花>
・アイスランドポピー
・リビングストンデージー
・ミツガシワ
・ワスレナグサ
・チューリップ
・スイレン
・ハナショウブ


●備考
 標準鑑賞時間:1時間から1時間30分

お問い合わせ

草津市立水生植物公園みずの森

TEL:077-568-2332

FAX:077-568-0955

  • チューリップ
    4月中旬頃  〜  4月下旬頃

    パステルカラーや変わった花色を約2500本を植栽しています。ワスレナグサとの組み合わは、心やすらぐ自然風のデザインです。花影の池に映ったチューリップも幻想的でみずの森ならではの光景です

  • 花菖蒲・あやめ
    6月上旬頃  〜  6月中旬頃

    湿生花園にかかる八橋から、100種類のハナショウブが楽しめます。ロータス館内では、金屏風を背景に伝統的な展示を行っています。「肥後しょうぶ」と呼ばれる熊本の大輪のハナショウブを信楽焼きの鉢に入れました。しばし、江戸時代に発展した伝統園芸の雰囲気をお楽しみください

  • アイスランドポピー
    4月上旬頃  〜  4月上旬頃

    黄、橙以外にも白や赤、桃色と花色も豊富で、薄い紙細工のような花を次々と咲かせ早春を彩ります。

  • リビングストンデージー
    4月上旬頃  〜  5月上旬頃

    花色が鮮やかで、紅、桃、橙、黄、杏色など変化に富み、金属光沢があり華やかで人気がある草花です。雨や曇りの日は花は閉じたままです。南アフリカのケープ地方が故郷で、葉は多肉質です。

  • ミツガシワ
    4月中旬頃  〜  4月下旬頃

    氷河期の生き残りとされる古い植物のひとつで、山地の沼や沢などの湿地に生えます。和名の由来は3枚の小葉がカシの葉に似ていることによります。みずの森では4月中旬から下旬に休憩棟の裏側にある小さな池と、教材園で、白い小さな5弁の花が開花します。

お問い合わせ

草津市立水生植物公園みずの森

TEL:077-568-2332

FAX:077-568-0955

close