テーマ“美” のイベント一覧

白鬚神社SUP体験プラン

開催中

白鬚神社の鳥居をSUPでくぐって写真撮影! 神秘的なパワーを体感します。

開催日時 2018年4月1日(日)〜2018年11月30日(金)
料金 大人:5,500円
子供:5,500円
※SUPボード、パドル、ライフジャケット、リーシュ等のレンタル、
ガイド料、保険料が含まれます。

日本遺産・白鬚神社 湖中の大鳥居ライトアップ

開催中

シンボル的存在でもある、琵琶湖に浮かぶ朱塗りの大鳥居の景色に惹かれ、昔から多くの人が訪れる白鬚神社。琵琶湖に浮かぶ沖島を背景に佇む鳥居は本当に厳島神社と見間違うような、実に絵になる風景です!

昼間の景色も素晴らしいのですが、夕刻頃の光景がまた格別です。ぜひ、いろんな時間帯で湖上の鳥居を眺めてみて下さい!なお土日は日没から約2時間、湖上の鳥居がライトアップされています。大晦日など、特別に長時間に及ぶライトアップがされる時もありますよ!

開催日時 2018年4月1日(日)〜2018年12月23日(日)
日没後2時間程度(毎週土日)
毎週土日は日没後2時間程度・9月5日白鬚まつり(なるこ参り)日没後10時頃まで

びわこ箱館山ゆり園開園

雄大な琵琶湖と250万輪のゆりの楽園。おかげさまで10周年。新たに、ランプカフェの開店や、バランススクーター体験も加わり食、遊、観と充実!皆様のお越しをお待ちしております。

開催日時 2018年6月30日(土)〜2018年8月26日(日)
9時~16時30分
料金 入園料(ゴンドラ往復&入園料)/大人1,850円 子供930円 ペット510円
 ※子供料金は小学生以下 3才以下無料

色とりどりのゆり園& びわ湖一望バイキング

びわ湖を眺めながらランチバイキング♪ リフトに乗ったり、ゆりの観賞をしたり。キッズワールドもあるのでご家族みんなで楽しめます。
 

開催日時 2018年6月30日(土)〜2018年10月14日(日)
2018年6月30日(土)~2018年8月26日(日)11時30分~15時(最終来館は14時まで)
2018/8/27~2018/9/14を除く
料金 大人:2,980円
子供:1,700円(4才~中学生未満)

びわ湖高島マキノエリアを完全制覇!高島フットパスマキノエリアの見所26カ所をフォトハンティング

マキノエリアのフットパス、サイクリング道などを縦横無尽に探検! エリアマップ(エントリー時に進呈)掲載の26カ所の見どころを徒歩またはサイクリングで完全制覇された方には抽選で豪華特産品セットなどのご褒美を贈呈(ハズレなし)します。

開催日時 2018年7月1日(日)〜2018年12月10日(月)
料金 エントリー料・マップ付
大人1名1,000円

食卓をカラフルに演出!近江の麻で虹色コースターづくり

室町期より麻織物の産地として知られる愛荘町で、食卓をカラフルに彩る「虹色コースター」をつくりませんか。近江上布伝統産業会館内には麻関連商品などのショップもあり、お買い物もお楽しみいただけます(制作所要時間:30~45分)。

開催日時 2018年7月上旬〜2018年12月下旬
10:00~17:00
制作所要時間:30~45分
料金 1,000円(子供は500円)※入館は無料

高島産品満載の心と体に優しい和惣菜 ランチバイキング~びわ湖絶景を眺めながら~

契約農家の新鮮野菜や高島の特産を販売
地産食材と旬の味覚を堪能できるオールダイニング
びわ湖の絶景を眺めながらの「和惣菜ランチバイキング」が
お楽しみいただけます。

開催日時 2018年7月上旬〜2018年12月下旬
11時30分~14時
毎日開催
料金 大 人 (幼児無料)
¥2,000
お子様 ¥1,000(4~12 歳)
シニア(65歳以上) ¥1,800
※毎週火曜日はレディースデイ女性 となります 表示価格に消費税は含んでおりません

時代劇のワンシーン! 水郷めぐりと手漕ぎ体験

水郷めぐり(和船)で手漕ぎ船頭体験ができます。
重要文化的景観の第一号に認定され、日本遺産”近江八幡の水郷”で舟めぐりと船頭体験を行う。

開催日時 2018年7月1日(日)〜2018年12月31日(月)
10:30~,13:30~
所要時間:60分6人乗り和船を利用します
料金 大人:1,500円

持ち物をカラフルに演出 近江の麻で虹色ストラップづくり

室町期より麻織物の産地として知られる愛荘町で色鮮やかな「虹色リネンストラップ」をつくりませんか。併設するショップでお買い物も楽しめます。

開催日時 2018年7月上旬〜2018年12月下旬
10:00~17:00
料金 300円(入館は無料)

2.4kmのメタセコイア並木道とマキノピックランドで 夏の味覚ブルーベリーまたはぶどう狩り

皮も薄くって、種も小さくって、粒も大きくってどちらかというと生食向きの品種です。
 少々小粒ですが、早生より甘いです。夏の太陽をいっぱい浴びてより甘く育ちます。

開催日時 2018年7月7日(土)〜2018年8月10日(金)
9時~17時(最終受付16時)
料金 中学生以上 ・・・1,200円(200gのお土産付き)
小学生 ・・・800円(150gのお土産付き)
3才以上 ・・・500円(お土産はありません)
※お土産は、30分の食べ放題の間にご自身で収穫して頂きます。

第137回祇園納涼祭花火大会

明治初期に祇園神社の祭礼として始まった伝統ある花火大会。約3,500発が湖東の夜空に打ち上げられます。

開催日時 2018年7月14日(土)
19:40~21:00

滋賀県観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」オープニングイベント

滋賀県観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」オープニングイベント(7月15日・16日 米原駅東口にて開催)

平成30年7月15日~12月24日にかけて実施する滋賀県観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」のオープニングイベントを7月15日(日)・16日(月・祝)の2日間、JR米原駅東口広場にて開催します。

15日は新たにSL北びわこ号として運行されるD51の出発式。
16日は、本キャンペーンのナビゲーター、滋賀ふるさと観光大使 西川貴教さんが特別車両「虹たび号」の出発式やトークステージに登場!!
そのほか、滋賀の食材をたっぷり味わえる「レインボーマルシェ」や滋賀の魅力をお届けするブースなど、様々なイベントでキャンペーンのスタートを盛り上げます。

詳しくは、スペシャルコンテンツ「オープイングイベント」をチェック。
 https://www.biwako-visitors.jp/niji-shiga/special/opening.html
多数のご来場をお待ちしています。

≪日時≫
 平成30年7月15日(日) 9時30分~16時
 平成30年7月16日(月・祝) 10時~16時  ※雨天決行・荒天中止
≪場所≫
 JR米原駅東口広場
≪その他≫
・「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」特別車両『虹たび号』出発式(16日)の観覧希望者を6月20日(水)から募集します。(特別車両「虹たび号」は、虹色をまとった滋賀ふるさと観光大使 西川貴教さんが、一面にプリントされたラッピング電車です。)
【出発式】
 平成30年7月16日(月・祝) 11時40分~12時
 (場所:近江鉄道米原駅ホーム)
【観覧募集】
・特別車両「虹たび号」の出発式をホーム内にて観覧いただくとともに、出発式で「虹たび号」に乗車いただきます。
■募集人数 最大100名(応募者多数の場合は抽選)
■募集期間 6月20日(水)12時から6月26日(火)24時
■応募方法 スペシャルコンテンツ「オープイングイベント」から、入力フォームへアクセスし、必要事項を入力して送信してください。

開催日時 2018年7月15日(日)
2018年7月16日(月)
15日:9時30分~16時、16日:10時~16時

長浜・北びわ湖大花火大会

夏の夜空と日本一の湖・琵琶湖を美しく彩る1万発の花火

開催日時 2018年7月27日(金)
19:30~20:30

火への感謝と安全を願う 「しがらき火まつり」

しがらき火まつりは、やきものづくりに欠かせない火・産業や生活、文化に欠かせない火への感謝と火に関わる安全を願って、江戸時代以前からつづいています。新宮神社から愛宕山山頂、終点となる信楽地域市民センター駐車場まで、約2.5キロ、700本ほどの松明が幻想的に連なります。終点では、奉納を終えた松明と、紫香楽太鼓の演奏と、花火が、信楽の夜を美しい火で魅せてくれます。

開催日時 2018年7月28日(土)
松明奉納 19:30頃~21:30
料金 参加料 なし
但し、たいまつ購入希望者は事前に事務局までご予約ください。
たいまつ 1本 2500円(予定) (作り方はHPに掲載)
松明をもって山を登りますので、安全のため滑りにくい靴、燃えにくい長袖・長ズボン、帽子、タオル、水分持参 などの準備は各自でしてください。

期間限定 絶筆「余呉の天女」特別展示

「余呉の天女」は、節子が死の1ヵ月前に、病院のベッドで描いた絶筆です。この絵を描く1ヵ月半前に彼女は、子供たちと琵琶湖のしずくのような余呉湖に最後の旅をしました。奥琵琶湖、賤ヶ岳の裏側に、この小さな湖はあります。暗く沈んだ感じですが、どこか底明るく、静かな山々に囲まれた伝説の湖です。羽衣伝説に彼女は、3歳だった娘なずなとの別離を、永遠の別れを、夜明け前の湖に厳粛に、そしてどこかやすらぎを覚えるように描いています。
今回、「余呉の天女」「陶器登り窯」「湖の伝説」の3点お借りし、特別展を開催いたします。
彼女の絵画は今も生き続け、その作品と生涯は多くの人々の心を動かし、人間のすばらしさと生きる勇気を与えてくれます。
どうぞ、節子のこころにふれて、ご覧ください。

開催日時 2018年8月22日(水)〜2018年11月11日(日)
9:00~17:00
入館は16:30まで
料金 大人320円、高・大学生240円、小・中学生160円

木之本大花火大会

木之本地蔵大縁日の最終日に行われる花火大会。お祭のフィナーレを華々しく彩ります。

開催日時 2018年8月25日(土)
20:00~20:30

2.4kmのメタセコイア並木道と 関西最大級の観光栗園

栗園の広さは、約55ha(甲子園球場の約13倍)栗の木は、約20,000本。
栗は、普通このイガの中に3個入ってます。一つだけのものや2つのものもあります。

開催日時 2018年9月中旬
料金 中学生以上・・・1,600円(1Kgのお土産付き)
  小学生・・・ 800円(500gのお土産付き)
 3歳以上・・・料金設定していません。

第28回愛荘町ふるさと体験塾

3日間かけて、滋賀県伝統的工芸品である「愛知川びん細工手まり」を制作します。その他、町内の観光名所も巡ります。世界に一つだけのびん細工手まりを作ってみませんか。

開催日時 2018年9月下旬

びわこ箱館山コキアパーク開園

秋の訪れとともに、きれいな真紅に色づくコキア。ダリア、すすきと広がる景色は箱館山だけの景色です。

開催日時 2018年9月15日(土)〜2018年10月14日(日)
9時~16時30分
料金 大人1,850円 子供930円

国際芸術祭BIWAKOビエンナーレ2018”きざし~Beyond”

国内外で活躍するアーティストが、近江八幡旧市街に残る江戸期の町家を用いて表現するアートフェスティバル。

<内容>
*古い建物を会場として作品を展示する美術展
*工芸作家によるクラフトマーケット
*アーティストによる子どもたちとのワークショップ
*コンサート等

開催日時 2018年9月15日(土)〜2018年11月11日(日)
料金 入場パスポート 一般2,200円、学生1,500円(中学生以下無料)

SHARE NOW