タグ「お土産」が付けられているもの

甲良町・愛荘町・豊郷町 の グルメ&特産品 おすすめ 6
~滋賀県のお土産にいかがですか?~

湖国近江の名水でつくる おとうふ【一休庵(いっきゅうあん)

〈甲良町〉

湖東三山のひとつ「西明寺」のすぐ目の前にありますお食事処「一休庵」

お店の前のとうふ工房で作られた、できたての おとうふをいただくことができます。

一休庵-外観.jpg一休庵-ざる豆腐.jpg

メニューは単品の蕎麦や丼(710円~1,350円)のほか、平日限定セットメニュー(1,080円)、御膳メニュー(1,600円~2,800円)などがあります。
お店の方のおススメは「ざるとうふ」
ほとんどのセットメニューに付いています。

※各セットメニューには、100円追加でコーヒーがつきます。
※金額は税込み

一休庵-コース.jpg

店長の丸山さんのおススメ「とうふ御膳」(2,000円)をいただきました。

出来立てのおとうふは、
最初のひと口は何もかけずにそのままで...ほんのりした甘さが口の中に広がります。
お好みに応じて、昆布だしのきいたお塩をかけて...

くみあげ湯葉や湯葉の天ぷら、牛鍋、蕎麦、ご飯もセットになっているので、ボリュームも満点!
湯葉は、大豆のうまみが凝縮され、口の中に入れるとトロリと溶けてしまいます。

一休庵-おかみ.jpg

お店の前のとうふ工房に入ると看板女将が元気な笑顔で迎えてくださいます。

一休庵-山芋.jpg

ここでは、工房で作られた出来立ての絹とうふ、木綿とうふをはじめ、黒ごまとうふ、山芋とうふ、薄あげ、豆乳など幅広く販売。

もちろん、お店のメニューにもありました「ざるとうふ」(520円)も販売されています。
温かいまま持ち帰りいただくので本日中にお召し上がりくださいとのこと。
お土産にいかがでしょうか!

所在地

甲良町池寺1-5

アクセス

公共交通機関

JRびわ湖線 河瀬駅下車 タクシーをご利用下さい。
尚、宴会ご利用の場合4名様以上で送迎承ります。
ご予約の際、お申し付け下さい。

駐車場

無料駐車場完備

営業時間

11:00~18:00

定休日など

年末 25日〜31日

WEBサイト

http://www.19an.com/

お問い合わせ

一休庵 西明寺前 本店
TEL:0749-38-3848
FAX:0749-38-4006

 




総ひのき造りの 甲良東小学校旧校舎併設【パン工房 せせらぎ】

〈甲良町〉

小学校.jpg

昭和8年(1933)に完成した東甲良尋常小学校の本館部分です。
現在は1階を図書館として一般の方に開放しています。

現校舎は旧校舎があった向かい側に移築されました。
全国でも類をみない総ひのき造りで80年以上経った今も、モダンな姿をそのまま残しています。

併設のベーカリー「パン工房 せせらぎ」

手作り工房せせらぎ.jpg

店内には、心を込めて焼いた15〜20種類のパンが並びます。

せせらぎ-内観.jpg

自家製の野菜を使った「ピザ」(100円)や甘くてシンプルな味わいの「クロワッサン」

「からだにやさしい・心にやさしい」をモットーに作られたパンは、味もさることながら 菓子パンが1個(100円~)とリーズナブルなのも人気の秘訣。

※金額は税抜き

せせらぎ-.jpg

手作りパンは季節限定もあり、どれにしようか迷うこと必至です。

おススメを3点ご紹介 ↓

もちもちチーズ...ネーミングの通りもっち もちもち、おやつにもおつまみにも。

クリームパン...かわいいニコちゃんパンは中身は 甘さ控えめカスタードクリーム。子供人気 NO.1!

黒豆パン...1つ108円でこの黒豆の量、広報スタッフいち押しパンです!

せせらぎ-パン.jpg

テイクアウトはもちろんのこと、喫茶コーナーもあります。
ランチメニューに近江牛を使用したカレーライスや、カレーうどん、焼きそばもあるので、。

ひと休みするのにちょうど良いスポットです。

所在地

犬上郡甲良町横関927

営業時間

月~金曜日(祝日のぞく)午前11時~午後2時30分

定休日など

土・日・月曜日、祝日

お問い合わせ

TEL:0749-38-3975

 


戦国大名 藤堂高虎 ふるさと館「和の家(わのや)」

〈甲良町〉

甲良町の伝統的な古民家を改修し、築城の名手として知られている 藤堂高虎公 を知ってもらうためにオープンされた施設です。

和の家.jpg

飲食の提供はもちろん、京都国際マンガミュージアムに協力いただいた藤堂高虎公や滋賀県ゆかりのマンガ閲覧スペース や 農業体験、レンタルスペースなど、幅広く親しんでいただけます。


和の家-内観.jpg

和の家-.jpg

喫茶・お食事メニューには、鈴鹿山脈から流れ出る豊富な水流と、広大で肥沃な平野で育てられた甲良米と地場産の野菜を中心とした和定食(今週のわのやランチ)、近江牛を使用した牛すじカレーなどがあります。

和の家-メニュー.jpg

「今週のわのやランチ〈 豚肉と玉ねぎのレモンマリネ〉」(訪問日:2019年4月18日)をいただきました。

和の家-ランチ.jpg

豚肉がレモンの酸味によりサッパリとした味に仕上がっていて、ご飯〈甲良米〉がすすみました!

ご飯〈甲良米〉は 甲良町の水で炊いた甲良米はふっくらつやつや、定食のご飯はお替わりは無料なので、お腹いっぱい食べられるのも嬉しいですね。
三つ葉や、ふきといった季節のお野菜を使ったおかずが週替わりのおかずとして付いてます。
家庭的なおかずで、優しい味でした。

和の家-和菓子.jpg

期間限定の毎月変わるのデザート。
4月は桜餅、5月は地元のよもぎを使ったミニ草もち、もちろん和の家スタッフの手作りです!

和の家-.煎餅.jpg

所在地

滋賀県犬上郡甲良町大字在士474番地

アクセス

名神高速道路八日市インター下車 車25分程度

駐車場

普通車 30 台
大型車 3 台

料金

無料

定休日など

入館料 / 無料(ただし飲食・レンタル利用は有料)

開 館 / 10:00~15:00(喫茶・お食事は11:00~14:00)

休 館 / 火曜日、水曜日、お盆、年末年始

WEBサイト

http://wanoya.net/

お問い合わせ

TEL・FAX:0749-29-9033

 


職人の伝統技がつくりあげる古式製法醤油【丸中醤油】

〈愛荘町〉

暖簾をくぐると押し寄せるようなお醤油の濃い香り!
店頭の販売スペースにいい香りが立ち込めていました。

丸中醤油-外観.jpg

天井、壁、床、樽、桶といった至るところに白いものが......

丸中醤油-醸造菌.jpg


この正体は!!

お店の赤田さんによりますと

「この白いものは私どもが宝としている醸造菌です。

丸中醤油は、現代では稀になった古式製法という自然の営みに任せた醤油づくりを今も尚続けております。

三年熟成を基本とし、温度管理を一切せず、蔵人の五感と江戸時代より蔵に棲みつく醸造菌が育み、
春夏秋冬、四季折々の手入れを職人の手によって丹念に行われます。」

丸中醤油-櫂入れ.jpg

醤油の命とも言われる香りは、時間をかけて低温でゆっくりと熟成させることによって良い香りが生まれます。

お醤油は旨味が強く、何といっても『贅沢な薫り』のお醤油です。
個人的には、シンプルに冷奴や生野菜にお醤油をかけて食べるのがおススメです。

丸中醤油-醤油.jpg

ゆっくり、じっくりと歳月を重ねた醤油本来の味と香りは、日本だけにとどまらず、海外でも高く評価されています。

所在地

滋賀県愛知郡愛荘町東出229

アクセス

八日市インターまたは彦根インターより約30分

電車

豊郷またはJR琵琶湖線稲枝駅より約20分

営業時間

平日 9時〜17時(定休日 土日祝)

WEBサイト

https://www.biwako-visitors.jp/eemon/souvenir/detail/29

お問い合わせ

蔵蔵元:0749-37-2118
事務所:0749-37-2719
FAX:0749-37-4363

 


手まりの柄をしたオリジナルアクセサリー【・ te・ma・ri・シリーズ】

〈愛荘町〉

レトロな雰囲気漂う「愛知川ふれあい本陣」

中仙道の街道沿いにあった旧近江銀行の近代建築物を保存し、新たな情報発信施設として整備されました。
玄関のロビーでは、コンサートや、様々な作品展示を年に数回されていて、地域住民の交流の場にもなっています。

ここで手作りの可愛い手まりのアクセサリー〈ブローチ・タックピン・ピアス〉等が販売されています。

びんてまり-外観.jpg

愛荘町愛知川地区に古くから伝わる『びん細工手まり』

『びん細工手まり』とは、まるいガラス瓶の中に繊細な刺繍がしてある手まりが入っている工芸品。
歴史は古く、江戸時代に嫁入り道具として用いられてきました。

瓶てまり.jpg丸くて中が良く(丸く仲良く)見えることから、縁起物として人気がある『びん細工手まり』にちなみ、オリジナルアクセサリーを開発されました。

びんてまり.jpg

ひとつひとつ丁寧に刺しゅうをほどこした、温かみあふれる美しさを、ぜひ手にとってみてください。

びんてまり-ブローチ.jpg

ブローチ

(直径約3cm)1,100円

びんてまり-ピアス.jpg

ピアス

(直径約1.5cm)1,300円
※イヤリングに変更可能
※金額は税込み

アクセサリーには、バラや、紅梅、紅葉、花火などの名前が付けられたものが数種類あります。
自分に似合う、お気に入りの1点が見つかりそうです。

所在地

愛知郡愛荘町愛知川 38 番地 2

営業時間

9:00〜18:00 [定休日]第1月曜日(祝日の場合は翌日)

お問い合わせ

TEL 0749-42-2165

 


井伊家の命により造られた清酒「金亀」の醸造元【 岡村本家 】

〈豊郷町〉

岡村本家は、彦根藩主であった井伊直弼より酒造りを命じられて、安政二年に創業されました。 
酒蔵の様子は、160年余り経った今でも、当時の趣を残しています。 

酒銘「金亀(きんかめ)」は彦根藩の別命金亀城に由来しています。
長寿のシンボルで、お酒の神様「松尾大社」のお守りとして「金亀」は知られており、お目出たいお酒として親しまれています。

外観.jpg

ラベルにある40から90の数字は、お米の磨き(精米歩合)を表し、それぞれ味わいが異なります。
そして、金亀には色があります。
搾ったお酒は、新緑のような淡い緑色をしており、熟成がすすむと、紅葉の始まりのような薄い茶色に変わっていきます。

絞ったお酒をそのまま味わって頂きたいというコンセプトから、色のある旨味を残したお酒を造り続けています。

これらのお酒は、昔ながらの手法で手間暇かけて作られています。
コシヒカリ、キヌヒカリ、みずかがみを中心に醸造されますが、県内の酒蔵で飯米を使って酒造りをされているところは数少ないとの事です。

金亀.jpg

その中でも特に珍しく一度味わって頂きたいのが

長寿金亀 赤[限定]

まさに玄米そのもの、穀物の豊かな芳醇な香りは少し癖になりそうです。他ではなかなか味わえません。

岡村本家-藤さん.jpg

「甘口から辛口 そして香り豊かなお酒まで様々な種類を用意しています、好みのお酒を提案します!
酒蔵見学、試飲も随時行っています。ご予約して頂ければ、担当者が詳しく説明いたします。」と担当者の藤さん。

岡村本家-コンサート.jpg

酒蔵の奥にはホールもあり、ジャズコンサートや落語なども開催されています。
あの有名なサックスプレーヤーの渡辺貞夫さんや、ジャズ・トランぺッターの日野照正さんも来られたことがあるとのこと。

ほのかに漂う日本酒の香りとともに楽曲を楽しむことができます。

所在地

滋賀県犬上郡豊郷町吉田100番地

アクセス

湖東三山スマートICより車で約10分 / 名神高速道路 彦根出口より車で約25分

電車

近江鉄道豊郷駅より徒歩で約20分 / 東海道本線 稲枝駅よりタクシーで約10分

駐車場

岡村本家の向かいに約40台分の駐車スペースをご用意

大型バスも駐車可能

酒蔵見学

可能 見学・試飲無料

営業時間

9:00〜17:00

WEBサイト

https://www.biwako-visitors.jp/eemon/souvenir/detail/149

お問い合わせ

TEL:0749-35-2538
FAX :0749-35-3500


滋賀県観光情報WEBサイト - 滋賀の観光をもっと楽しく! 【トップページ】

5月におすすめ 滋賀・東部《花のスポット》

● 藤 - 在士八幡神社

● ツツジ 西明寺

● 藤 - 正法寺

● ほんしゃくなげ - 鎌掛谷ほんしゃくなげ群落

以上の 4スポット を紹介します!

季節限定の美しい花々を見て、忘れられない素敵な思い出を作りましょう!!

戦国大名 藤堂高虎公ゆかりの【在士八幡神社(ざいじはちまんじんじゃ)】

〔甲良町〕

藤堂高虎公ゆかりの在士八幡神社の境内には、子孫繁栄を祈願した 樹齢 数百年とも言われる素晴らしい 紫藤樹 があります。

4月下旬に咲き始め、 5月中旬には最盛期を迎えます。

藤-開花.jpg

↑〔写真・上〕現在(2019年4月18日)

紫藤樹 は、藤堂家の始祖、藤原三河守景盛が、1395年 京都石清水八幡宮(いわしみずはちまんぐう)から分祀の時、藤2株を持ち帰って植え、子孫繁栄を祈願しました。

現在、その藤の子孫である2株は数百年を経て巨樹となり、1965年 町指定文化財の天然記念物に指定されました。

毎年5月上旬には「藤切祭」が行われ、切り取られた12連の 藤房 を桐箱に納めて、今も毎年 藤堂家(東京)に贈られています。

藤の花-成長.jpg

八幡神社の関係者である新前さんによりますと、地域の方にも切り取った 藤房 が配られ、玄関先に飾られそうです。

花の美しさを最後まで身近に感じられる素敵な風習ですね。

藤-鳥居.jpg

1m以上ある花房が棚いっぱい下がり、さながら藤のカーテンのようになります。

 

[ 藤まつり ~ 在士八幡神社一帯 ~ ]

2019年5月5日(祝日) 11時~

・手作り甲冑隊パレード・アトラクション
・おもしろバルーンショー
・爆笑マジックショー
・よさこい江州「愛翔」演舞 など

楽しいイベントが目白押し!
心地よい春風に誘われて、在士でのんびり初夏を感じる一日をお過ごし下さい。


[ 藤棚ライトアップ ]

4月27日(土)~5月5日(祝日)

ライトアップによって照らし出される幻想的な藤も見事です。
一度夜の藤も見に行かれてはいかがでしょうか?

所在地 甲良町在士523
アクセス
公共交通機関
JR琵琶湖線 「河瀬駅」 下車 バス 11分 甲良町役場前
名神高速道路湖東三山スマートインターより7分
その他
バス甲良町役場下車後、徒歩5分。駐車場はありませんが、神社境内に1台〜2台は駐車可
甲良町役場駐車場に駐車していただいてもかまいません。
お問い合わせ

甲良町観光協会

TEL:0749-38-2035

FAX:0749-38-2045

 




湖東三山のひとつ【 西明寺(さいみょうじ)

〔甲良町〕

微笑ましいユニークな顔の鬼瓦がお出迎え!

鬼瓦.jpg

西明寺といえば、紅葉の名所として有名ですが、4月中旬から5月中旬にかけては、ツツジ・サツキなどが見ごろを迎えます。




ツツジ、山ツツジ、モチツツジ

咲時期:5月上旬~ 中旬
本 数:100本位
場 所:境内

紅白ツツジ.jpg

↑〔写真・下〕開花は 平戸ツツジ です。

古木が多く、山ツツジなど淡いピンク色の可憐な花が咲き誇ります。




ドウダンツツジ

白い壺形のかわいらしい小花を春に咲かせます

咲時期:4月中旬~ 5月下旬

本 数:50本位
場 所:境内と本坊表庭 本堂・ 三重塔附近

ドウダンツツジ・アフター.jpg

樹齢約350年位の古木もあります。
サラサドウダン、岩シダレドウダン、紅花ドウダン等があり、秋の紅葉もすばらしいです。

↑〔写真・上〕現在(2019年4月9日)にはまだ開花していませんでしたが、例年では 4月中旬~5月下旬 には開花します。




不断桜 県天然記念物

咲時期:9月上旬~ 翌年の 5月上旬 まで
本 数:7本
場 所:境内円教坊、本坊表庭、本堂横

不断桜.jpg

秋冬春に開花する高山性の桜で、彼岸桜の系統の冬桜に属する樹齢250年のものもあります。
花びらは白色に近く、やや小さい花を咲かせます。

不断桜2.jpg


 

初夏には、庭園にじゅうたんのように広がったコケと鮮やかな新緑の景色が広がります。

ハート苔.jpg



池泉観賞式の庭園で、鶴亀の「蓬莱庭」と名付けられています。
鶴や亀を形どった石組みや、本堂に祀る仏像を立石群に象徴させ、山の傾斜などを巧みに生かした、調和がとれた庭園です。

名勝庭園.jpg

とても立派なサルスベリ (百日紅の木が「蓬来庭」にありました。
百日紅 の別名どおり、開花期が長期間となります。

夏、紅紫色 の花を見に来たいと思わせる大木でした。

サルスベリ.jpg

その他の季節も、春には梅や桜、夏には夏椿、冬は山茶花など 四季折々に咲く花が訪れる人を迎えてくれます。

本堂.jpg

本堂は、鎌倉時代初期に建立された建造物で、釘を一本も使わない純和風建築です。
鎌倉の様式がよく保存され、国宝第一号に指定されています。

三重塔.jpg

本堂の右方に立つ三重塔は、総檜(そうひのき)の優美な姿の塔といわれ、初層内部に極彩色で金剛界の三十二菩薩など鎌倉時代の極楽浄土が描かれています。
本堂と同じく釘を一本も使わない純和風建築で、国宝に指定されています。




国宝三重塔内壁画 特別公開

年2回、春と秋に特別公開されており、春/4月上旬~2019年5月8日(水)まで特別公開中です。

※塔内壁画特別拝観の場合は、入山料の別に特別拝観料が必要です。
※荒天の場合は、文化財保護のため拝観を中止。

所在地 甲良町池寺26
アクセス
駐車場
普通車 300 台
大型車 30 台
その他
JR琵琶湖線河瀬駅からバスで金屋下車、徒歩20分
JR琵琶湖線河瀬駅から愛のりタクシーまたはタクシーで20分
名神高速道路彦根ICから車で15分(R307沿い)
名神高速道路八日市ICから車で20分(R307沿い)
料金

入山料
個人 大人600円

営業時間 8:00から17:00
WEBサイト https://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/1206
お問い合わせ

宗教法人 西明寺

TEL:0749-38-4008

FAX:0749-38-4388

 




西明寺 から 正法寺まで 車で約45分

鎌掛(かいがけ)藤の寺 【正法寺(しょうほうじ)】

〔日野町〕

今から300年以上も昔に普存禅師という禅僧が、近くの人家の隣にあった古ぼけたお堂の中の観音菩薩を今の地に移しお堂を建て、境内を整備して藤を植えられました。

正法寺1.jpg

その藤が300年以上の歳月を経て見事なつるを伸ばし、毎年5月上旬から中旬にかけて、長いものでは1m以上にも達する花房が垂れさがり、開花の時期は連日多くの人でにぎわいます。

正法寺.jpg

重要文化財の石造宝塔や芭蕉の句碑などの文化財も多く、花の鑑賞とともに日野の文化財と歴史を探るのにふさわしいお寺です。




所在地 日野町鎌掛2145
アクセス
公共交通機関
近江鉄道/本線 「日野駅」 下車 バス 25分 鎌掛
名神八日市ICより国道421・307号で約25分。
新名神高速甲賀土山ICより国道1号で約20分。
駐車場
普通車 45 台
大型車 3 台
その他
バス下車後、徒歩10分
WEBサイト https://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/544
お問い合わせ

日野観光協会

TEL:0748-52-6577

FAX:0748-52-6017

 




正法寺 から 鎌掛谷ほんしゃくなげ群落 まで 車で約10分

【鎌掛谷ほんしゃくなげ群落(かいがけだに ほんしゃくなげ ぐんらく)】

〔日野町〕

標高300mから400mの赤松の多い谷間、約4万平方に ホンシャクナゲ が群生しています。

ほんしゃくなげ群落4(C)日野観光協会.jpg

ホンシャクナゲ は高山植物で、普通は800mから1,000mの高所に自生していますがここでは低地に、しかも群生しているということで大変珍しく昭和6年に国の天然記念物に指定されました。

ほんしゃくなげ.jpg

4月下旬から5月上旬の開花時期には、 ホンシャクナゲ を観賞する多くの人で賑わいます。


ほんしゃくなげ群落.jpg




所在地 鎌掛谷ほんしゃくなげ群落
アクセス
公共交通機関
近江鉄道/本線 「日野駅」 下車 バス 18分 臨時バスしゃくなげ渓行終点下車。
JR琵琶湖線 「近江八幡駅」 下車 バス 40分 日野駅より臨時バスしゃくなげ渓行終点下車。
名神高速八日市ICより国道421・307号を経て約30分。
新名神高速甲賀土山ICより国道1号を経て約20分。
駐車場
普通車 100 台
大型車 10 台
その他
近江鉄道日野駅から湖国バス鎌掛下車、徒歩40分。開花期間中、日野駅より臨時バス運行(1日7.5往復・要問合せ)
料金 保全協力金 大人(中学生以上)400円、小学生以下200円
20名以上300円
営業時間 午前9時~午後4時30分(開花時期のみ)
WEBサイト https://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/1340
お問い合わせ

日野観光協会

TEL:0748-52-6577

FAX:0748-52-6017

 




最後に...

気候が良くなるこれからの時期、ドライブにピッタリのスポット3か所です。

それそれ花の種類が違うスポットなので、すべて回るのもよし、お気に入りの花をゆっくり回るのもよし。

自然や歴史ある建造物を見てゆっくりリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

近江八幡のグルメ&特産品 【 おすすめ 3選 】

春・桜の美しい季節に近江八幡をぶらり 散策してみませんか。

散策するならぜひ立ち寄っていただきたい『 3 スポット 』広報スタッフが厳選しました。




お洒落な帆布と革製品のお店【 Cogocoro (コゴコロ )】

コゴコロ.jpg

コゴコロさんでは、3Dプリンターやレザーカッターなどを用いたデジタルファブリケーションにより、世界に1点だけの革製品の制作が可能です。

従来とても高価であった革製品の一点ものなのですが、デジタルファブリケーションを用いて制作されることで、手の届く価格まで抑えられています。

コゴコロ-手書き.jpg

レーザー加工機を使って精密に彫刻することで、子供が描いた絵を革にレーザー彫刻。

コゴコロ-田中さん.jpg

「父の日やクリスマスシーズンに注文が増えます。
このアイテムは絵を描いたお子様本人もとても喜んで頂いています。
マウスパッドとしても、タペストリーとしてもご利用いただけます。
お子様の思い出写真や絵を革に焼き付け、色あせない思い出として残すことが出来て、とてもおすすめです。」

とコゴコロの田中さんがお話くださいました。


コゴコロ-手作り.jpg

体験工房では、世界でオンリーワンの革小物の制作が可能です。

コゴコロ-鞄.jpg

現在人気の 八幡帆布と革 のトートバッグ。

コゴコロ-コインケース.jpg

コゴコロ-手作り-作業.jpg

4月上旬に近江八幡に2店舗目の〈新店舗〉がオープンします!

八幡堀からすぐの仲屋町通りに町家を改装したとても雰囲気の良いところです。

コゴコロ-新店舗.jpg

ここでしか手に入らないアイテムもたくさんあります。
大切な人のプレゼントに是非お立ち寄りください!

所在地 近江八幡市多賀町569番地
営業時間

10:00~18:00

WEBサイト http://cogocoro.com/
お問い合わせ

Cogocoro ( コゴコロ )
TEL:090-5157-6485

 

 



近江八幡で古くから親しまれる「ちょうじ麩」の名店【 麩の吉井 】

ちょうじ麩-吉井.jpg

「ちょうじ麩」とは

近江八幡開町の祖「豊臣秀次」(豊臣秀吉の甥)が形の丸い麩は持ち運びに不便なため、町並みのような角形にしたと伝えられています。
麩の表裏には城下の民を忘れぬために小径を表す印として線が入っています。

そして、いつしかこの条里制の 〇〇丁、〇〇字、を表す「ちょうじ麩」と呼ばれるようになりました。

ちょうじ麩のみ.jpg

これまで「ちょうじ麩」は、すき焼きやお味噌汁に入れる具材として使われてきました。

ちょうじ麩.jpg

 

『ちょうじ麩ラスク』

ちょうじ麩ラスク.jpg

麩の吉井さんでは、これまでの常識を捨て、ちょうじ麩を使ったラスクを開発されました。

『ちょうじ麩ラスク』の開発者は、お店の名物おばあちゃん!!
温故知新の発想から生まれる新商品に期待が高まります。

ちょうじ麩ラスクアップ.jpg

パンを使った一般的なラスクと違い、柔らかく食べやすいラスクに仕上がっています。
3月から販売が始まったばかりですが、早くも海外の方にも話題になっています。


『ちょうじ最中』

ちょうじ麩最中.jpg

麩の最中は香ばしく焼き上げた「ちょうじ麩」お茶うけとして食べてもらいたい思いから生まれました。
滋養豊富な黒胡麻の風味が粒あんによく合います。

 

『ちょうじ麩のからしあえ』

ちょうじ麩-辛し和え.jpg

全国で近江八幡だけに伝わる郷土料理。

「ちょうじ麩」と家伝の辛子合わせ味噌がセットになっており、とても便利。

ピリッときいた辛子の後味がさっぱりして病みつきになります。

所在地 近江八幡市為心町上14
WEBサイト https://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/2825
お問い合わせ

吉井製麩所

TEL:0748-32-7735
FAX:0748-32-2734

 


創業の明治29年より近江牛一筋【 カネ吉山本 】

近江八幡市内では

駅前から徒歩2分 カネ吉山本 本店
日牟礼八幡宮から南へ徒歩約5分 八幡店
近江八幡駅から車で約10分 ころっち 西ノ庄店

以上の3店舗で営業されてます。

ともに近江牛や揚げたてのコロッケ等を販売しています。


カネ吉-ショーケース.jpg

注文後、その場で数分で揚げてもらえます。

揚げものを揚げる音...
パチパチパチパチ 聞くだけで食欲をそそられます。

カネ吉山本さんの「メンチカツ」は とってもジューシー!

牛肉のうまみがじわっと口に広がります。

衣はサクッとさっぱりしているので、揚げ物なのにしつこくなく魅惑的な「メンチカツ」です。

カネ吉メンチカツ.jpg

なぜか時折、無性に食べたくなるのが「コロッケ」

揚げ立てのコロッケはもちろんさですが、時間が経っても サクサク、ホクホク冷めても美味しい「コロッケ」

また種類も豊富で、訪問した日(2019年3月14日)のメニューは
・かぼちゃコロッケ
・ハムサンドカレーコロッケ
・クリームコロッケ
・コーンコロッケ

どれも美味しそうで迷ってしまいます。

カネ吉-揚げ物.jpg

・特製牛カツ
・豚カツ
・チキンカツ
・アスパラベーコン 等

揚げ物メニューは豊富に用意されています。

カネ吉山本 本店の2F・3F〈直営レストラン『ティファニー』〉では特選近江牛肉のステーキ・しゃぶしゃぶ・すきやき等、近江牛づくしのコース料理を味わうことができます。

所在地 近江八幡市鷹飼町558(カネ吉山本 本店
アクセス
公共交通機関
JR琵琶湖線 「近江八幡駅」 下車 徒歩 2分
名神竜王ICより20分
駐車場
普通車 20 台
営業時間 カネ吉山本 本店
 9:00~19:30
カネ吉山本 八幡店
 9:00~19:00
ころっち 西ノ庄店
 10:00~19:00
WEBサイト https://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/2214
お問い合わせ

(株)カネ吉ヤマモトフーズ

TEL:0748-33-3355

滋賀県観光情報WEBサイト - 滋賀の観光をもっと楽しく! 【トップページ】

近江八幡市 【観光パンフレットダウンロード】

滋賀のグルメ&特産品 【 おすすめ 3選 】守山・野洲編

魅力的でユニークなお土産がいっぱい!
滋賀県 守山・野洲市 でおすすめのお土産
を集めました。

 

気になる味は?!ふなずしを使ったクラフトビール【近江麦酒】

近江麦酒は滋賀の特産物を使用した、種類豊富なビールづくりをされている小規模醸造所です。

ふな寿司や、蓼(たで)のビールなど、他では味わえないビールの数々がラインナップされています。

近江ビール-鮒.jpg

左から
■ 鮒ビー 黒
鮒ずしの身部分を使用。モルトのコクと鮒ずしの旨味を感じます。

■ 鮒ビー 白
鮒ずしの 飯(いい)を使用。鮒ずしの香りとホップの香りがベストマッチング!

■ 蓼(たで)ビー 緑
野洲市の郷土料理にも使われる蓼を使用。
ピリッと辛み、そして後味に草原に香りを漂わせる複雑な味。

近江ビール-3種.jpg

決して奇をねらったものでなく、店主のこだわりと確かな技術により、フレーバーでコクのある滋賀県ならではのビールに仕上がっています。

近江ビール-店内.jpg

滋賀県大津市にある醸造所併設のビアカフェで、出来立てビールを最高の状態で飲むことが出来ます。

ビアカフェ 営業時間 16時~21時 もしくは 18時~21時(営業時間が混在しています)
9席 しかありませんので、ご予約をお勧めします。

近江ビール-から揚げ中.jpg

軽食メニューもあります、その中でも是非食べて頂きたいのが

[ 麦酒に漬け込んだ唐揚げ ]

麦酒を漬け込むことでお肉が柔らかくなり、ふっくらジューシーに!
お客様からレシピを教えてほしいと言われるほど好評です!

近江ビール-から揚げ.jpg

近江麦酒 醸造所代表〉山下さん

近江ビール.jpg

「ビールの新しい世界を、驚き楽しんでもらえる『おもしろ美味しい』ビール造りを目指しています。

季節限定ビールとして 柚子エール・棚田米セゾン・茶ペールエール・ほうじ茶スタウト・いちじくエール・ブルーベリーエール などの醸造を予定しています。」

とお話くださいました。

店舗

近江麦酒

所在地

滋賀県大津市本堅田3-24-37

WEBサイト

http://omibeer.jp/

お問い合わせ

TEL:077-536-5222

 


 


水曜日のみ営業 伝説の餃子専門店【堀久餃子本舗】

堀久餃子.jpg

イベント出展の際には、行列・完売当たり前の知る人ぞ知る有名店です。

堀久餃子-焼く.jpg

某有名洋菓子店のバームクーヘンを食べて育った極上ランクの藏尾ポークと選び抜かれた野菜により作り出される「また食べたい」「もっと食べたい」と思わせる飽きの来ない餃子が特徴です。

堀久餃子-蒸す02.jpg

店頭では「生餃子」と「冷凍餃子」を販売していますが、お客様の要望でその場で焼いてくれるサービスもあります。
毎週水曜日は閉店時間間際までお客様が絶えません。

堀久餃子-蒸す.jpg

油っこくないのに焼くとジューシーパリパリ!

餃子が食べられなかった子供さんが当店の餃子なら食べられるとの声を何度となく聞きます。
その声に応える為にも「より美味しく」を求めて餃子を作っています。
更に、今が最高ではない、色々な角度、視点から見てもっと美味しく出来るという思いを持って餃子と向き合っています。
委託製造やオートメーションによる大量生産の話も頂きますが、やはり目の届く範囲内で今後も小さいながらもこだわりを持って手作りしていきたいと思っております。」

〈堀久餃子本舗〉堀内さんより、お話を伺いました。

堀久餃子-出来上がり.jpg

お店のWEBサイトから、堀久餃子本舗の冷凍生餃子が購入できます。

本物志向の方はぜひ一度試してみてください。

店舗

堀久餃子本舗

所在地

滋賀県守山市播磨田町1281-3

WEBサイト

https://www.hori-q.com/

お問い合わせ

TEL:077-583-6638

FAX:077-583-6638

~ 終了しました ~ 【近江うまいもんええもん市】アル・プラザ草津にて開催!

2019年3月20日(水)~25日(月)

堀久餃子本舗も出店されます!
詳細はこちら ↓
https://www.biwako-visitors.jp/news/detail/6450?p=

午前10:00~午後8:00 
アル・プラザ草津 1Fセントラルコート

 


 


グッドデザイン賞受賞した 語れる名刺入れ【清原織物】

伝統技術のつづれ織りの技法を現代工芸に応用した斬新なものづくりをされているお店。

清原織物-店舗.jpg

つづれ織りは通常の織物と違い、縦糸が見えない独自の組織構造の織物。

近江ビール-作業中.jpg

近江ビール-道具02.jpg

昔ながらの織機を使って作業されています ↓

 

スタイルも 佇まいも美しい「名刺入れ」

清原織物 2017年グッドデザイン賞画像.jpg

なかでも『グッドデザイン賞2017』を受賞された名刺入れは、その生地と天然シルクの光沢が、上質なテクスチャーを生み出し、センスある大人の上品さを演出してくれる一品です。

さらに、引張強度は最大で本革の約5倍!(工業技術センター調べ)

清原織物-道具.jpg

織物屋のアップサイクル「シャトルマグネットバー」

清原織物-マグネット.jpg

織物屋の倉庫に眠っていた、古くなって使われなくなってしまったシャトルをマグネットバーとしてアップサイクルしました。
美しいカタチと色鮮やかな糸が、暮らしを少しだけ彩ります。

日本の美意識が宿る「蝶ネクタイ」

清原織物-蝶ネクタイ.jpg

千年前の日本には装束を重ね着するファッションが存在しました。
十二単もその一例です。
そしてその配色に名を冠し、季節感や自分の気持ちを表現する「かさねの色目」という文化がありました。 

この素晴らしい文化に感銘を受け、透ける表の生地の色と下に重ねた色の組み合わせる事で、かつての平安時代の着物の襟元の文化を、現代のシャツの襟元で表現したのが、こちらの「蝶ネクタイ」です。

店舗

清原織物

所在地

守山市守山市播磨田町1348-3

WEBサイト

https://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/1724

お問い合わせ

TEL:077-583-5711

FAX:077-582-1522

 


 


最後に...

琵琶湖の南側にある守山市・野洲市。
市内には自然を満喫できる場所や、寺社仏閣など歴史と文化の香り漂うスポットも多くあります。

旧中山道の宿場町として栄えた街並み(守山市)

一年を通して草花を楽しむことができる公園「もりやま芦刈園」(守山市)

鎌倉後期に建てられた「御上神社」野洲市

国の名勝に指定された庭園のある「兵主大社」(野洲市)

春夏秋冬、四季を彩る花々...

そして、歴史と文化の香り漂うエリアとして、見所満載なので今後また紹介していきたいと思います。