歴史感じる東近江市をお散歩☆

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

紅葉の季節、東近江市を町歩きしてきました。

まず訪れたのは、琵琶湖の東に位置する東近江市の「百済寺(ひゃくさいじ)」です。湖東三山と呼ばれる「金剛輪寺」「西明寺」「百済寺」の1つで、滋賀県内でも有数の紅葉の名所です。

IMG_6079.jpg

IMG_6070.jpg

なんといっても書院から眺めるお庭が最高です!風のない日は、池にうつる紅葉がリフレクションになり、何とも華やかな風景を見ることができます。縁側に座ってゆっくり観賞するもよし、本堂に続く庭を散策するもよし、いろんな楽しみ方があります。この日もたくさんの方が思い思いの過ごし方をされていました。

さて、百済寺へ行ったらぜひ注目していただきたいのが、こちらです。DSC_0011 (1).jpg

DSC_0016.jpg

表門に掛けられている大わらじです。この大わらじは仁王像が履くとされ、触れると無病長寿のご利益があるそうです。足のサイズが、長さ約2・5メートル、幅約1・2メートル、重さ約50キロもあります!およそ10年前後で地元の住民の方々が作り直されていて、今年がちょうどその年に当たります。地元の老人クラブの20人ほどの方々が8時間かけて編み上げたものを先日奉納されました。真新しい大わらじを見ることができるのは今だけです。百済寺におでかけになった際には触ってみてください。

さて、百済寺から車で30分ほどの所に、五個荘地区があります。江戸から明治時代にかけて日本各地で活躍した「近江商人」ゆかりの地として知られており、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。近江商人屋敷の本宅も公開されており、当時の暮らしぶりをうかがうことができます。

DSC_0024.jpg

DSC_0019.jpg

大きなお屋敷の前には、清らかな水が流れ、錦鯉が優雅に泳いでいます。平成27年には日本遺産「琵琶湖とその水辺景観-祈りと暮らしの水遺産」に認定されました。

DSC_0035.jpg

こちらのお屋敷は、現在放送中のNHK朝の連続テレビ小説「まんぷく」で、福子と萬平が食事をするシーンを撮影された場所です。

IMG_6074.jpg

DSC_0032.jpg

部屋の広さや、調度品の数々に思わず見入ってしまいます。

DSC_0036.jpg

近江商人屋敷では、ガイドの方が丁寧に説明してくださいます。皆さんも一度おでかけになってみてください。晩秋の東近江市は見どころがたくさんですよ!

◆東近江市観光協会 滋賀県東近江市八日市緑町25番4号(東近江市役所 東庁舎)電話 0748-29-3920 http://www.higashiomi.net/