滋賀・びわ湖の玄関口 "食べて遊んで泊まれるJR大津駅" が誕生!!

vier00.png

JR大津駅の駅ビルが『ビエラ大津』として10月1日にリニュアルオープン、そのメインとなる複合施設「THE CALENDAR」と大津駅観光案内所「OTSURY」の内覧会にお邪魔してきました。

vier02.png

明日(10/1)のグランドオープンを目の前にして、最終の工事がまだ続けられていました。ごくろうさまです!

map.png

見取り図はこんな感じです。基本的には以前の駅ビルを利用した"リノベーション"なんですが、いやまぁこんなに変わるものかと感心しきりです! 1階には観光案内所はじめ、おなじみのコンビニ、カフェ、そして滋賀の外食店舗3件がテナントで入られています。では、公開された部分を一つずつ紹介しますネ❤︎

vier03.png

まず、何と言っても目を引くのがこちら大津駅観光案内所「OTSURY」。いや〜キレイっすねー❤︎ 全面ガラス張りで開放的なエントランスはとっても入りやすそうです!

vier04.png

で、表にはレンタサイクルがラインナップ! なんと!内4台はGIANTのクロスバイクです!他の4台も電動アシスト車。これ、無料でレンタルできるそうです!駅からのお楽しみプランがグッと広がりますネ♫

vier052.png

中も空間がとっても広くとってあって、一目で見渡せる感じがとってもGood! 受付のアンナ・ジューリア・ビファーンさんはイタリアの方。母国語含めて6ヶ国語でアテンドしてくださいます!インターナショナルぅ〜❤︎

vier051.png

一番奥には大型ビジョン。初めて見る大津テーマのムービーが流れていました。たくさんの観光パンフレットも見やすくレイアウトされています。

vier053.png

こちらはお土産コーナー。とっても控えめです。。。

さて、目新しいパンフがありましたのでチョッと紹介します。

お土産銭湯パンフ.png

大津のお土産処と銭湯のマップインフォです。どれも大津駅からの徒歩圏内のご案内。"お土産は近くのお店でネッ!"ってことですね!これならレンタサイクルも活用できそうです。

パンフ.png

地域の人と旅行者が「"大津の大賑わい"を一緒に創る」がテーマ。駅前広場などでジャンケン大会や将棋大会はじめ、毎朝のラジオ体操など地域イベントも行われるそうです。地元酒蔵ツアーなども企画されているとか。どれも楽しみです♫

vier06.png

1Fでは隣接してテナントが準備中。地元からは、近江牛レストラン「OKAKI(岡喜(竜王町)」、「ちゃんぽん亭総本家(ドリームフーズ(彦根市)」そして多賀町産のそばが味わえる「蕎麦・地酒 金亀庵」が出店。こちらは非公開でしたので外観だけ。

それでは『ビエラ大津』のメイン複合施設「THE CALENDAR」をご案内します。

vier07.png

OTSURYからも行き来できるスペースにエントランスが。コンクリート打ちっぱなしの内装ですが、とてもあったかい雰囲気です。2階へ続く階段には、すでアーティスティックな空気が流れています。

vier08.png

階段を上がると明るく開けた空間が! 滋賀野菜を使ったイタリアンメニューが楽しめる「レストラン&カフェ」です。朝7時~23時30分はカフェ&バーとして、お食事は〈モーニング〉〈ランチ〉〈ディナー〉それぞれの時間帯でそれぞれのメニューが楽しめます。ソファーもいろいろあってとってもオシャレ〜♫

vier09.png

で、ここの特長として特筆すべきは、そこらじゅうに本があること。この「ブックカフェ」、専属のブックコーディネーターが新刊から古書まで約2000冊を常に吟味して取り揃えるそうです。お茶しながらお気に入りの書籍を読むもよし、オープン後しばらくしてから販売も始めるそうです。これじゃあ ついつい長居してしまいますなぁ ^^;

vier10.png

北側は全面がガラス窓で、とっても明るく開放的。少しだけ琵琶湖が見える場所もあるので探してみてネ! で、なんと!このスペースにはDJブースがあるのです!天井にはミラーボールも!それっぽいイベントもすでに準備されています。

vier11.png

「レストラン&カフェ」を通り抜けると、何やらまた広いスペースが。靴を脱いでくつろげる「卓球ラウンジ」です。文字通り卓球ができちゃいます。ここにもブックシェルフにたくさんの本が!で、で、全面ガラス窓の向こうに見えるのは!これ、大津駅のホームじゃないのー!!すぐそこにホームがあって、しかも同じ高さにしてあるので、ホームで寝転がる感じ!? こりゃ間違いなく入り浸りが出ますなぁ ^^; 待ち合わせやひと休みにはこの上ないスペースです!

vier12.png

こちらが「カプセルホテル」の入口。とてもそんな風には見えないなぁ。

vier13.png

エントランスもとっても明るくていい感じ。ハイッ!ここにもありましたブックシェルフ。

vier14.png

とっても洗練されたディテールで近未来っぽいカプセル。いろんなカプセルを経験しましたが、こんなのは初めてですね〜。洗面からシャワー室、トイレまでとにかく美しー!トイレはドアを開けるとフタが自動で開いてお出迎えしてくれるやつ。有料でランドリー・乾燥機も完備。ズボンプレッサーまでも!

vier15.png

こちらレディース。もう足を踏み入れることはない(と思う)ので、しっかり観察しておきました。寝室そばの窓、こちらも"ホームの延長"です。カプセルはメンズ36室、レディース24室。大津でゆっくり呑み明かす日も近いか ^^;

vier16.png

さてこちらは「バー&朝食ダイニング」のカウンター。奥に見えるオープンテラスへのアプローチにもなっています。

vier17.png

カウンターを抜けると、一気に広がるオープンスペース「BBQテラス」。 リゾートテラスのような雰囲気にカラフルなテーブルチェア。エッ!ここ大津?!って必ずなりますから ^^; この左側、柵の向こうは大津駅ホーム。ここもホームと同じ高さにしてあるので、"ホームでBBQ" 的な、他にはちょっとないレアな感じが味わえます。ちなみにホームとの間にある木立、これ全部サクラなんです〜! 新しいお花見スポットの誕生!次の春が今から楽しみです!!

vier18.png

奥にはソファー席も。7月にオープンしたびわ湖テラスを彷彿させる、さしずめ「大津テラス」といったところでしょうか。さて、こちらでいただけるBBQコース、一番おトクなプランでコレ、90分飲めてしかもこの量・・・って、お安くないですか! お仕事帰りに、ちょっとしたお集まりに、「大津駅で手ぶらでBBQ & ビアガーデン」っていかがでしょう!!

何から何まで、大津っ子の度肝を抜いたこの「ビエラ大津」。国内外からたくさんのお客さんを呼び込んで、大津の街、そして滋賀県にどんな風を吹かせてくれるのか、本当に楽しみでワクワクが止まりません。と同時に、我らも頑張らねば!と、ふんどしを締めなおすことにします。

最後に、工事の間ずっと大津駅を見守ってくれた"光ルくん観光案内所"、本当におつかれさまでした。あなたのことは、間違いなく大津の皆さんの記憶にずっと生き続けますから。(藤)

vier01.png


滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト

滋賀・びわ湖 観光物産情報サイト[英語・簡体中文・繁体中文・韓国語]

滋賀・びわ湖 観光映像集[SHIGA Channel]

滋賀・びわ湖 360°動画集

ビワイチ:しが・びわこめぐりの旅フェイスブックページ

go.biwako:Travel Guide of Shiga Prefecture, Japanフェイスブックページ