法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. スポット
  3. 水口城跡(水口城資料館)

水口城跡(水口城資料館) みなくちじょうあと

最終更新日: 2015年7月15日

基本情報

 近江鉄道水ロ城南駅の北約150mのところにある城跡。江戸幕府3代将軍徳川家光(とくがわいえみつ)が上洛の際の宿館として築城された後、水ロ藩2万5千石の居城となり、湧水を利用した薬研堀(やげんぼり)に水をたたえていたことから「碧水城(へきすいじょう)」の別名がありました。
 明治維新後、水ロ城は廃城となり公売に付され、角櫓(すみやぐら)が付近の商家に売却されたり、石垣の一部が近江鉄道の敷石になるなど建物や石垣の大半が処分されました。旧本丸は学校敷地となり、運動場として利用されてきましたが、昭和47年将軍家宿館遺跡としての価値が評価され、滋賀県の史跡に指定されたのを機会に、郷土のシンボルとしての保存整備への関心が高まりました。
 また、平成3年11月に水口城資料を展観する施設として、往時の矢倉の姿を模した水口城資料館が開館しました。

<水口城資料館>
 明治7年に廃城となった水口城が復元されて、現在水口城博物館として公開されています。石垣の上に角櫓が復元され、美しい白壁を堀の水面に映しています。水口城に関する資料を展覧しています。

所在地 甲賀市水口町本丸
アクセス
公共交通機関
近江鉄道/本線 「水口城南駅」 下車 徒歩 5分
駐車場
普通車 30 台
料金 資料館:大人100円、小中学生50円
営業時間 資料館:10:00から17:00
定休日など 資料館:木曜日、金曜日、年末年始
お問い合わせ

水口城資料館

TEL:0748-63-5577

観光・レジャー

 近江鉄道水ロ城南駅の北約150mのところにある城跡。江戸幕府3代将軍徳川家光(とくがわいえみつ)が上洛の際の宿館として築城された後、水ロ藩2万5千石の居城となり、湧水を利用した薬研堀(やげんぼり)に水をたたえていたことから「碧水城(へきすいじょう)」の別名がありました。
 明治維新後、水ロ城は廃城となり公売に付され、角櫓(すみやぐら)が付近の商家に売却されたり、石垣の一部が近江鉄道の敷石になるなど建物や石垣の大半が処分されました。旧本丸は学校敷地となり、運動場として利用されてきましたが、昭和47年将軍家宿館遺跡としての価値が評価され、滋賀県の史跡に指定されたのを機会に、郷土のシンボルとしての保存整備への関心が高まりました。
 また、平成3年11月に水口城資料を展観する施設として、往時の矢倉の姿を模した水口城資料館が開館しました。

<水口城資料館>
 明治7年に廃城となった水口城が復元されて、現在水口城博物館として公開されています。石垣の上に角櫓が復元され、美しい白壁を堀の水面に映しています。水口城に関する資料を展覧しています。

お問い合わせ

水口城資料館

TEL:0748-63-5577

  • 4月上旬頃  〜  4月中旬頃

    お堀に映し出される資料館の白壁と桜の花のコントラストが素敵です
    ライトアップもします 日没〜10:00ごろ

お問い合わせ

close