法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. スポット
  3. 長浜城(長浜城歴史博物館)

長浜城(長浜城歴史博物館) ながはまじょう(ながはまじょうれきしはくぶつかん)

最終更新日: 2015年6月25日

基本情報

 戦国時代末期に豊臣秀吉が城主として過ごした長浜城は、江戸時代前期に廃城になり、遺構は彦根城や大通寺に移築されました。その跡には、僅かな石垣と井戸だけが残されていましたが、昭和58年(1983)に安土桃山時代の城郭を模して「昭和新城」を復元されました。内部は歴史博物館として公開されています。
 2階展示室は「ひらけゆく湖北・長浜」をテーマに、宗教、文化や秀吉と長浜に関する資料を展示しており、3階では小堀遠州の美の世界、国友鉄砲、織物などの長浜の文化を紹介しています。スライド、トライビジョン、ビデオ、イラストを用いて、テーマ別に親切に説明されています。湖北を一望する5階の展望台では、ナレーションや効果音によって、戦国時代における長浜の重要性を実感することができます。

所在地 長浜市公園町10-10
アクセス
公共交通機関
JR琵琶湖線 「長浜駅」 下車 徒歩 5分
北陸自動車道長浜ICから車で15分
駐車場
普通車 120 台
大型車 25 台
その他
駐車場は、豊公園大駐車場
料金 大人400円、小中学生200円
※但し、長浜市及び米原市の小中学生に限り無料
営業時間 9:00から17:00(入館は16:30)
定休日など 年末年始(12/27から1/2)
※但し、展示替えのため臨時休館することがあります。
ホームページ 長浜城歴史博物館
お問い合わせ

長浜城歴史博物館

TEL:0749-63-4611

FAX:0749-63-4613

観光・レジャー

 戦国時代末期に豊臣秀吉が城主として過ごした長浜城は、江戸時代前期に廃城になり、遺構は彦根城や大通寺に移築されました。その跡には、僅かな石垣と井戸だけが残されていましたが、昭和58年(1983)に安土桃山時代の城郭を模して「昭和新城」を復元されました。内部は歴史博物館として公開されています。
 2階展示室は「ひらけゆく湖北・長浜」をテーマに、宗教、文化や秀吉と長浜に関する資料を展示しており、3階では小堀遠州の美の世界、国友鉄砲、織物などの長浜の文化を紹介しています。スライド、トライビジョン、ビデオ、イラストを用いて、テーマ別に親切に説明されています。湖北を一望する5階の展望台では、ナレーションや効果音によって、戦国時代における長浜の重要性を実感することができます。

お問い合わせ

長浜城歴史博物館

TEL:0749-63-4611

FAX:0749-63-4613

close