法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. スポット
  3. 観音寺(伊富貴山観音護国寺)

観音寺(伊富貴山観音護国寺) かんのんじ(いぶきやまかんのんごこくじ)

最終更新日: 2015年7月7日

基本情報

 伊吹山旧四大寺の一つ。平安時代前期の仁寿年間、律師三修によって建立されました。観音寺は通称で、正式には伊富貴山観音護国寺(いぶきやまかんのんごこくじ)といいます。もとは法相宗(ほっそうしゅう)に属していましたが、弘和(永徳)3年(1383)に天台宗に改めました。正元年間(1259-1260)に、現在地に移築されています。
 本尊の十一面観音像は行基(ぎょうき)作で、伊吹山(1377.1m)の霊木を刻んだものと伝えられています。胎内に、貞応3年(1224)の銘を記す伝教大師坐像は、鎌倉初期の作品で高さ約65cmの一木造。国の重要文化財に指定されています。
 堂宇は正徳5年(1715)に再建の本堂(国の重要文化財)、薬師堂、鐘楼、山門などからなり、秀吉が鷹狩りで立ち寄った際に、寺の小僧をしていた石田三成(いしだみつなり)を「三碗(さんわん)の才」で見出したことで名高い寺です。
<重文>木造伝教大師坐像(でんきょうだいしざぞう)

●備考
   「近江西国霊場三十三ヶ所」

所在地 米原市朝日1342
アクセス
北陸自動車道「長浜IC」から約10分
駐車場
普通車 10 台
大型車 1 台
お問い合わせ

観音寺(伊富貴山観音護国寺)

TEL:0749-55-1340

観光・レジャー

 伊吹山旧四大寺の一つ。平安時代前期の仁寿年間、律師三修によって建立されました。観音寺は通称で、正式には伊富貴山観音護国寺(いぶきやまかんのんごこくじ)といいます。もとは法相宗(ほっそうしゅう)に属していましたが、弘和(永徳)3年(1383)に天台宗に改めました。正元年間(1259-1260)に、現在地に移築されています。
 本尊の十一面観音像は行基(ぎょうき)作で、伊吹山(1377.1m)の霊木を刻んだものと伝えられています。胎内に、貞応3年(1224)の銘を記す伝教大師坐像は、鎌倉初期の作品で高さ約65cmの一木造。国の重要文化財に指定されています。
 堂宇は正徳5年(1715)に再建の本堂(国の重要文化財)、薬師堂、鐘楼、山門などからなり、秀吉が鷹狩りで立ち寄った際に、寺の小僧をしていた石田三成(いしだみつなり)を「三碗(さんわん)の才」で見出したことで名高い寺です。
<重文>木造伝教大師坐像(でんきょうだいしざぞう)

●備考
   「近江西国霊場三十三ヶ所」

お問い合わせ

観音寺(伊富貴山観音護国寺)

TEL:0749-55-1340

close