法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. スポット
  3. 関蝉丸神社

関蝉丸神社 せきせみまるじんじゃ

最終更新日: 2016年7月7日

基本情報

 蝉丸神社は市内に3社あり、逢坂(おうさか)一丁目の国道1号沿いに上社(かみしゃ)、国道161号沿いに下社(しもしゃ)(関蝉丸神社)、大谷町に分社(蝉丸神社)が立っています。
 蝉丸は平安時代の琵琶の名手で、今昔物語や謡曲「蝉丸」によると、目が不自由であったにもかかわらず、音曲の神として崇められました。彼が詠んだ「これやこの行くも帰るも別れては知るも知らぬも逢坂の関」という和歌はあまりにも有名です。神社の入口に「せきのしみず」という石標があり、拝殿の横には時雨灯籠(しぐれとうろう)と呼ばれる六角形の灯籠があって、風情に満ちています。また、本殿裏の細い山道の入ロに、絶世の美女といわれた小野小町塚があります。
〈重文〉石灯籠 

所在地 大津市逢坂一丁目15-6
アクセス
公共交通機関
JR琵琶湖線 「大津駅」 下車 徒歩 10分
京阪電鉄/京津線 「上栄町駅」 下車 徒歩 10分
その他
※アクセスは、下社
ホームページ 関蝉丸神社(上・下社)HP
お問い合わせ

(公社) びわ湖大津観光協会

TEL:077-528-2772

FAX:077-521-7330

E-mail:[javascript protected email address]

観光・レジャー

 蝉丸神社は市内に3社あり、逢坂(おうさか)一丁目の国道1号沿いに上社(かみしゃ)、国道161号沿いに下社(しもしゃ)(関蝉丸神社)、大谷町に分社(蝉丸神社)が立っています。
 蝉丸は平安時代の琵琶の名手で、今昔物語や謡曲「蝉丸」によると、目が不自由であったにもかかわらず、音曲の神として崇められました。彼が詠んだ「これやこの行くも帰るも別れては知るも知らぬも逢坂の関」という和歌はあまりにも有名です。神社の入口に「せきのしみず」という石標があり、拝殿の横には時雨灯籠(しぐれとうろう)と呼ばれる六角形の灯籠があって、風情に満ちています。また、本殿裏の細い山道の入ロに、絶世の美女といわれた小野小町塚があります。
〈重文〉石灯籠 

お問い合わせ

(公社) びわ湖大津観光協会

TEL:077-528-2772

FAX:077-521-7330

E-mail:[javascript protected email address]

close