法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. スポット
  3. 馬の寺「石馬寺」

馬の寺「石馬寺」 うまのてらいしばじ

最終更新日: 2015年7月8日

基本情報

静かな木立の中の乱れ石積みの坂を上りつめると、古刹石馬寺(臨済宗妙心寺派)が現れます。寺伝によると、1400年前に聖徳太子が当地を訪れ、山麓の松の木に馬をつなぎ、霊地を探して山上に登り、もどるとその馬は石になって池に沈んでいたことから、これに霊異を感じた太子が開基したと言われています。聖徳太子直筆の「石馬寺」の三文字の木額と乗馬像は今もなお重要な寺宝として所蔵され、石になったと伝えられる馬は、坂の下の蓮池に背中を見せています。
収蔵庫には十一体の国指定重要文化財の仏像が安置されているほか、書院の庭は石馬の庭として有名で、四季折々の風情があります。

〈重文〉木造十一面観音菩薩立像(2躯) 木造四天王立像(4躯) 木造大威徳明王牛上像 木造阿弥陀如来坐像 木造役行者大菩薩腰掛像及び脇立二鬼像

●繖三観音
●繖五山

所在地 東近江市五個荘石馬寺町823
アクセス
公共交通機関
JR琵琶湖線 「能登川駅」 下車 バス 5分 「石馬寺」下車10分
名神高速道路で京都方面からは竜王ICから、名古屋方面からは彦根ICから出て、国道8号に進み、「五個荘南」交差点を北に折れ2㎞入る。山麓に駐車して徒歩5分。
駐車場
普通車 10 台
料金 大人  500円
小人  300円(小中高生)
※団体一割引(30名以上)
営業時間 9:00から16:00
定休日など 火曜日〜日曜日(月曜休)
 午前9時〜午後4時
※月曜が祝祭日の場合は拝観可、翌日火曜休み
 月曜日でも5名以上応相談
ホームページ http://ishibaji.jp/
お問い合わせ

宗教法人 石馬寺

TEL:0748-48-4823

FAX:0748-48-4823,0748-48-5767

観光・レジャー

静かな木立の中の乱れ石積みの坂を上りつめると、古刹石馬寺(臨済宗妙心寺派)が現れます。寺伝によると、1400年前に聖徳太子が当地を訪れ、山麓の松の木に馬をつなぎ、霊地を探して山上に登り、もどるとその馬は石になって池に沈んでいたことから、これに霊異を感じた太子が開基したと言われています。聖徳太子直筆の「石馬寺」の三文字の木額と乗馬像は今もなお重要な寺宝として所蔵され、石になったと伝えられる馬は、坂の下の蓮池に背中を見せています。
収蔵庫には十一体の国指定重要文化財の仏像が安置されているほか、書院の庭は石馬の庭として有名で、四季折々の風情があります。

〈重文〉木造十一面観音菩薩立像(2躯) 木造四天王立像(4躯) 木造大威徳明王牛上像 木造阿弥陀如来坐像 木造役行者大菩薩腰掛像及び脇立二鬼像

●繖三観音
●繖五山

お問い合わせ

宗教法人 石馬寺

TEL:0748-48-4823

FAX:0748-48-4823,0748-48-5767

  • 紅葉
    11月中旬頃  〜  11月下旬頃

     聖徳太子がこの山麓に馬をつなぎ、山上に霊地を探して下山すると馬が石と化して池に沈んだ(現在の石段登り口に沈む駿馬の化石)というところから寺号がつけられました。木々に囲まれた寺内には静かな空気が流れ、千年の歴史を感じさせてくれます。

  • 胡蝶花
    4月中旬頃  〜  5月中旬頃

    原生のシャガ

  • 椿
    4月上旬頃  〜  5月中旬頃

    原生の藪椿(やぶつばき)

お問い合わせ

close