1. トップ
  2. 一覧
  3. シリーズ別スポット紹介 - 観音寺城跡

観音寺城跡

【記述著書】

  • 「西国巡礼」湖東から美濃へ・第三十二番観音正寺
  • 「かくれ里」石の寺
  • 「近江山河抄」沖つ島山
三分の二ほど登った所に、四百年にわたって近江に君臨した、佐々木一族の城跡があった。この城は、永禄十一年(一五六八)織田信長に滅ぼされたが、高い所にあるためか、石垣も、砦の跡も、昨日崩されたように残っているのが哀れである。山道がけわしいのも、わざと登りにくくしてあったのかも知れない。
『かくれ里』より

400年にわたり、近江に君臨していた佐々木一族(佐々木高綱らを輩出した近江源氏として名高い)が、繖山の頂上に戦国時代に居城として築いた佐々木城の跡。信長によって滅ぼされたが、今も石垣やとりでの跡が残されている。

住所
: 滋賀県近江八幡市安土町石寺
お問い合わせ先
: 0748-46-4234
アクセス
: JR琵琶湖線安土駅より徒歩60分
団体・バス受入
: 可

→観音寺城跡【滋賀県観光情報】

ページトップへ戻る