1. トップ
  2. 白洲正子と近江
  3. 白洲正子とは

白洲正子とは

白洲正子(しらすまさこ)

随筆家。小林秀雄や青山二郎など一流の文化人と交流しながら、日本文化全般に関する随筆を執筆。能の世界と生涯を通じて向き合った姿勢に、様々な美を見抜く眼の根源があった。

略歴

1910(明治43)年: 0歳
1月7日 樺山愛輔の次女として生まれる。
1916(大正5 )年: 6歳
能を習い始める。
1924(大正13)年:14歳
夏、能舞台に史上初の女性として立つ。アメリカに留学。
1928(昭和3 )年:18歳
帰国後、白洲次郎と出会う。
1929(昭和4 )年:19歳
白洲次郎と結婚。
1931(昭和6 )年:21歳
長男・春正を出産。この年から数年間、毎年ヨーロッパに出かける。
1935(昭和10)年:25歳
河上徹太郎と知り合い、河上の紹介で、小林秀雄、青山二郎、今日出海らの文士と交流を持つ。
1938(昭和13)年:28歳
次男・兼正を出産。
1940(昭和15)年:30歳
長女・桂子を出産。
1943(昭和18)年:33歳
東京空襲を機に、鶴川の家(現「武相荘」)に移り住む。
1946(昭和21)年:36歳
青山二郎と出会い、骨董に没入する。
1953(昭和28)年:43歳
能面を求めて各地を旅するようになる。この旅が後年の紀行文を生むきっかけとなる。
1959(昭和34)年:49歳
秋、ペルシャ、スペイン、ハンガリーを旅行する。能の免許皆伝を授かる。
1964(昭和39)年:54歳
「能面」で第15回読売文学賞受賞。西国三十三ヶ所観音巡礼の旅に出る。
1969(昭和44)年:59歳
「かくれ里」を「芸術新潮」1月号より約2年間連載。取材のため毎月、京都を拠点として近畿一円の村里を訪ね歩く。
1972(昭和47)年:62歳
「近江山河抄」を「芸術新潮」8月号より10回連載。「かくれ里」で第24回読売文学賞受賞。
1978(昭和53)年:68歳
「魂の呼び声-能物語」で、児童福祉文化賞受賞。
1985(昭和60)年:75歳
11月28日 夫・次郎死去。
1987(昭和62)年:77歳
白内障手術のため入院。
1991(平成2)年 :80歳
日本文化の継承・発展につくした功績により、第7回東京都文化賞受賞。
1998(平成10)年:88歳
12月26日 肺炎のため入院先の病院で死去。

  • 祖父、樺山資紀と(5歳)


  • 白洲次郎との結婚式にて


  • 本格的な執筆活動に入った43歳頃。


  • 頭にスカーフが、晩年の
    定番スタイル

ページトップへ戻る

白洲正子と近江

  • 白洲正子とは
  • 「西国巡礼」の概要
  • 「かくれ里」の概要
  • 「近江山河抄」の概要