神仏を知ろう

天とは

仏教は仏教成立以前のバラモン教やヒンズー教の神々も仏教に取り入れました。それらの仏像の総称を「天」といいます。天部の仏様は、それぞれ偉大な力を持っており、人々からおそれ敬われていました。

その種類は多種多様で、おおきくは貴人や天女や武将に分けられます。貴人形には、梵天・帝釈天、天女形には吉祥天・弁財天・鬼子母神(きしもじん)などがあります。武将形には四天王・金剛力士・十二神将などがあります。仏法や仏法世界を守る守護神は、兜(かぶと)をかぶり、鎧(よろい)をつけていろんな武器を持ちます。個性あふれる天部は、顔も体つきも様々で、如来や菩薩と違って性別もあります。代表的な天部をご紹介します。

天

代表的な天部をご紹介します。


梵天・帝釈天(ぼんてん・たいしゃくてん)

梵天は天部の最高位にあって、梵天と帝釈天は対で安置されます。梵天は悟りを開いた釈迦に、人々のために説法をするよう説いた説話があります。帝釈天は、インド神話では戦闘の神であって、しばしば釈迦を助けます。阿修羅と戦って、阿修羅を仏教に帰依させたエピソードは有名です。一般的には単体での造仏は殆ど見られません。密教では、梵天は四面四臂で上半身が裸で、鵞鳥(がちょう)の背上の蓮華座に乗る姿で、帝釈天は右手に独鈷杵(とっこしょ)、左手は拳(けん)をつくり白象にのり左足を踏み下げる武人の姿で表されます。


甲賀エリア:善水寺


善水寺
(ゼンスイジ)


四天王(してんのう)

四天王は須弥山(しゅみせん)の中腹の四方に住み、それぞれの方角から仏の世界を守護する仏像です。通常、堂内では、東方に持国天(じこくてん)、南方に増長天(ぞうちょうてん)、西方に広目天(こうもくてん)、北方に多聞天(たもんてん)を安置します。武器を取り武装した憤怒形で、持国天と増長天は剣や戟(げき)や鉾(ほこ)を持ち、広目天は筆と巻物、多聞天は宝塔を持ちます。また、通常は一頭か二頭の邪鬼を踏み、邪悪なものを退治しています。


大津エリア比叡山延暦寺石山寺
湖南エリア金胎寺
東近江エリア:石馬寺(持国天・増長天)石馬寺(持国天・多聞天)
湖東エリア:金剛輪寺西明寺(二天王)

湖北エリア:石道寺(二天王)


比叡山延暦寺
(ヒエイザンエンリャクジ)

金胎寺
(コンタイジ)

毘沙門天(びしゃもんてん)

多聞天が独尊で作られ信仰される場合も多く、その場合、多聞天の梵名(ぼんめい)から「毘沙門天」と呼ばれ、北の守護の神として信仰されました。戦勝祈願や現世利益を求めて人気が高い仏様です。昔より上杉謙信など武人達の信仰も篤く、また、七福神の1人であり、福徳を求める庶民の人気を集めました。



大津エリア石山寺
湖南エリア金勝寺
甲賀エリア:善水寺
湖東エリア:金剛輪寺

湖北エリア:神照寺


金勝寺
(コンショウジ)

善水寺
(ゼンスイジ

金剛力士(こんごうりきし)

執金剛神(しっこんごうしん)は釈迦のそばにいて仏法を守る仏様です。執金剛神が二体に分かれて、お寺の門の左右に立って仏法を守る仏様は金剛力士、あるいは仁王と呼ばれます。口を開ける「阿形(あぎょう)」と口を閉じる「吽形(うんぎょう)」の二体です。「阿形」と「吽形」で「阿吽(あうん)の呼吸(こきゅう)」や「仁王立ち」という言葉や旅の安全や疫病退散などを願って「仁王様の草履(わらじ)」として門にかけられるなど親しみ深い誰でも知っている仏像です。


東近江エリア:摠見寺

 

 

十二神将(じゅうにしんしょう)

薬師如来の眷属(けんぞく)として、十二人が武装し武器を持ち戦う姿勢で薬師如来を囲み守っています。薬師如来は人々の病気や障害など苦難を取り除くという十二の大願をたて如来となりました。その十二という数に対応し十二神将が生まれ、十二の大願を護持する仏とされました。また平安時代以降、十二支と結びつき方角を守ると考えられ、十二支を頭上に表わす仏像も出てきました。


東近江エリア龍王寺

湖北エリア:鶏足寺(己高閣・世代閣)


龍王寺
(リュウオウジ)

吉祥天(きっしょうてん)

ヒンズー教の美と富と繁栄の神、ラクシュミーが仏教に取り入れられ吉祥天となりました。仏教では、徳叉迦(とくしゃか)竜王と訶梨帝母(かりていも)(鬼子母神)との間に生れたとも、毘沙門天の妃とも妹とも言われますがよく分かりません。通常、吉祥天は中国の貴婦人の服装で当世風の美女に表わされます。一般的には左手に宝珠を持ち、右手を与願印に表わされます。



その他 大黒天
大津エリア:比叡山延暦寺

湖東エリア:金剛輪寺〔明寿院〕