神仏を知ろう

如来とは

如来(にょらい)とは、悟りを開いた「仏陀」のことです。その姿は基本的に衲衣(のうえ)と呼ばれる一枚の布を纏(まと)った姿です。

釈迦には、「三十二相八十種好(さんじゅうにそうはちじゅうしゅこう)」という人間とは違った外見上の特色があると経典には書かれています。仏像はそれをもとに造られています。

 

<三十二相>とは

●白毫相(びゃくごうそう) ・・・眉間に白い毛が右回りに渦を巻いています。伸びると約4m50cmになる。
●頂髻相(ちょうけいそう)・・・ 頭の頂上の肉が隆起しています。これは仏の知恵を表すものです。

その他の特色として、手足指縵網相(てあししまんもうそう)(水かきのような膜があって、一人でも多くの人を救うようにできている。)や40の歯が真っ白で清潔である。その声は大きくて聞くものを感嘆させる、手足が柔軟である、全身が金色に輝いている。足の甲が盛り上がっているなど、色々と経典に書かれています。八十種好は三十二相をさらに細かく表したものです。
    

如来

如来には、釈迦如来・阿弥陀如来・薬師如来・大日如来・毘盧舎那(びるしゃな)如来などの種類があります。
代表的な如来をご紹介します。


釈迦如来(しゃかにゅらい)

お釈迦様は、紀元前5世紀頃、シャカ族の王子として生まれました。29才で出家して悟りを開いたお釈迦様の姿で、入滅後、数百年の歳月を経てから初めて造られた仏像です。釈迦如来は仏像の基本形です。
釈迦如来の像としては他に、誕生仏、苦行仏、説法仏、涅槃(ねはん)仏があります。
また、三尊の形をとる釈迦三尊(左に文殊菩薩、右に普賢菩薩)や清涼寺式釈迦があります。また、印相は右手を胸の前にあげて手のひらを見せる施無畏印(せむいいん)(人々の不安と恐れを取り除く)と左手を下げたまま手のひらを見せる与願印((よがんいん)(人々の願いに答え、恵みを与える)がよくみられます。

大津エリア聖衆来迎寺
湖南エリア金勝寺
甲賀エリア:長寿寺常楽寺善水寺正福寺(甲南町)
湖東エリア:西明寺

湖北エリア:白山神社
湖西エリア:興聖寺

聖衆来迎寺(ショウジュライコウジ)
聖衆来迎寺
(ショウジュライコウジ)

阿弥陀如来(あみだにゅらい)

阿弥陀如来が住む世界は、「西方の果ての極楽浄土で黄金や宝石で出来ており、良い花の香りに満ち、美しい音楽が流れ、・・・」といった世界が経典に書かれています。特に平安時代以降、極楽浄土に成仏したいという思いから阿弥陀如来が広く信仰されるようになりました。阿弥陀如来の大きな特色として、来迎印(らいごういん)と呼ばれる9種類の印があります。極楽浄土には9つの段階があり、上品上生(じょうぼんじょうしょう)から下品下生(げぼんげしょう)までの印でそれを表します。一般的な阿弥陀如来坐像では上品上生が多く、立像では上品下生が一般的な印です。
阿弥陀三尊として、向かって右に観音菩薩、左に勢至菩薩の脇侍を持ちます。
平安時代後期、仏師定朝(じょうちょう)(平等院鳳凰堂の阿弥陀如来坐像の作者)の出現により、なだらかな曲線のお体に穏やかなお顔、蓮の花の台座にゆったりと坐る作風と一丈六尺(約4m80cm 但し、立ち姿の大きさで、坐れば半分の約2m40cm)の大きさの寄木造りの像は一世を風靡し「定朝様(じょうちょうよう)」と呼ばれ仏像の規範となりました。

大津エリア:西教寺西勝寺志賀の大仏
湖南エリア:敬恩寺金胎寺佛性寺
甲賀エリア:菩提禅寺願隆寺飯道寺阿弥陀寺
東近江エリア:石馬寺梵釈寺吉祥寺浄厳院
湖東エリア:金剛輪寺(平安時代)金剛輪寺(鎌倉時代)金剛輪寺(常照庵)真如寺

 

白山神社(ハクサンジンジャ)尾山釈迦堂
浄厳院
(ジョウゴンイン)

薬師如来(やくしにゅらい)

薬師如来が住むのは東方の浄瑠璃世界(じょうるりせかい)です。様々な病気を治すとされる薬師如来は、飛鳥時代から信仰されてきました。概ね右手を胸の前に上げて手のひらを見せる施無畏印と左手を下げたまま手のひらを見せる与願印が殆どです。平安時代以降は、左の手のひらに薬壺をのせているのですぐに判別できます。薬師三尊は、日光菩薩・月光菩薩を脇侍(わきじ)とし、さらに眷属(けんぞく)として十二神将が加わることもあります。薬師如来は人々の信仰を広く集め、「お薬師さん」と親しみを込めて呼ばれ今も広く信仰されています。ちなみに滋賀県は、最澄が開いた比叡山延暦寺の本尊が薬師如来のため、重要文化財の薬師如来像が一番多い県です。


湖南エリア:東方山安養寺
甲賀エリア:正福寺(湖南市)いちいの観音 櫟野寺
湖北エリア:大田寺珀清寺充満寺鶏足寺(己高閣・世代閣)真広寺
正福寺(ショウフクジ)
正福寺
(ショウフクジ)

大日如来(だいにちにゅらい)

平安時代初め、空海がもたらしたインド発祥の「密教(みっきょう)」の本尊です。そのため多くの真言宗寺院の本尊として全国に広まりました。大日如来は密教の絶対的存在であり、金剛界(こんごうかい)と胎蔵界(たいぞうかい)という二つの姿を持ちます。二界の大きな違いは「印相」です。金剛界大日如来は「智」の象徴で智拳印(ちけんいん)を結び、胎蔵界大日如来は「理」の象徴とされる法界定印(ほうかいじょういん)を結びます。
他の如来と違う点は、頭に宝冠をかぶり、腕輪などの装身具を身につけています。


大津エリア:石山寺
東近江エリア:興福寺
湖北エリア:向源寺

 

正福寺(ショウフクジ)
向源寺
(コウゲンジ)