トップページ特別編>近江八景に映る建造の美

堅田の落雁(カタタノラクガン)

比良山を遠景に、手前には湖上に浮かぶ帆船、中天から連なった雁の群れが舞い降りる構図は、晩秋の湖の眺望を見事に表現した作品といえる。「落雁(ラクガン)」とは、雁(ガン・カリ)が一列に連なって、ねぐらに舞い降りる様子を表わす言葉。晩秋から冬にかけての琵琶湖の夕暮時の風物詩である。堅田のランドマークである浮御堂が情景のモニュメントとなっている。
歌川広重 【栄久堂板】 近江八景之内 堅田落雁 個人蔵

  • 堅田の落雁

  • 唐崎の夜雨

  • 瀬田の夕照

  •  

  •  

  • 浮御堂

  • 唐崎神社

  • 瀬田の唐橋

  • 八景地図

  • 比良の暮雪

    比良暮雪 【栄久堂板】
    草津市教育委員会蔵

  • 三井の晩鐘

    三井晩鐘 【保永堂板】
    大津市歴史博物館蔵

  • 矢橋の帰帆

    矢橋帰帆 【栄久堂板】
    大津市歴史博物館蔵

  • 粟津の晴嵐

    粟津晴嵐 【保永堂板】
    大津市歴史博物館蔵

  • 石山の秋月

    石山秋月 【保永堂板】
    大津市歴史博物館蔵