トップページ>世界文化遺産比叡山延暦寺

世界文化遺産比叡山延暦寺

世界遺産

延暦寺は滋賀県唯一の「世界文化遺産」で、1994年にユネスコにより京都市および宇治市の寺院、神社等とともに『古都京都の文化財』に登録されました。延暦寺は天台宗の総本山で、大津市、京都市にまたがる比叡山山麓のほぼ20km四方に境内が展開します。広大な寺域は「三塔十六谷」と呼ばれます。山内は「東塔」、「西塔」、「横川」の三つの地域に大別され、国宝の根本中堂をはじめ、8件の国の重要文化財建造物を有します。建築物はそれぞれの役割と歴史を持っており、文化財に指定されるべく後世に残す価値を持っています。ここではその建造美と歴史・宗教的価値の一端をご紹介していきます。

横川エリア

東塔・西塔エリア

大津市坂本本町4220 電話番号:077-578-0001
巡拝料:550円(東塔・西塔・横川共通券 大人料金)

延暦寺諸堂巡拝時間
東塔地区
【3月~11月】開堂時間:8時30分 閉堂時間:16時30分
【12月】開堂時間:9時 閉堂時間:16時
【1月~2月】開堂時間:9時 閉堂時間:16時30分

西塔・横川地区
【3月~11月】開堂時間:9時 閉堂時間:16時
【12月】開堂時間:9時30分 閉堂時間:15時30分
【1月~2月】開堂時間:9時30分 閉堂時間:16時

※季節により拝観時間が異なります。
※巡拝受付は閉堂の30分前までとなります。
※詳細は延暦寺ホームページをご覧下さい。