トップページ>データ用語集
伽藍(ガラン)
僧侶が集まり修行する清浄な場所の意味であり、後には寺院または寺院の主要建物群を意味するようになった。
摂社(セッシャ)
本社に付属し、その祭神と縁故の深い神をまつった神社のことをいう。本社と末社との間に位する。
末社(マッシャ)
本社に付属する神社。摂社に次ぐ格式をもつもの。
子院(シイン)
本寺に付属する小寺院。
外陣(ゲジン)
神社の本殿や寺院の本堂で、内陣の外側にある参拝のための場所。(図例参照)
内陣(ナイジン)
寺院の本堂内部において本尊を、神社の本殿内部において神体を安置する場所。外陣(ゲジン)と対置される。(図例参照)
内々陣(ナイナイジン)
内陣の中の厨子(ズシ)。内陣の更に奥。
厨子(ズシ)
仏像・舎利・経巻などを安置する仏具。
平(ヒラ)
建物の各面(側面)の呼び名。屋根の大棟と平行な面(建物の長辺側のことが多い)を「平」という。
妻(ツマ)
建物の各面(側面)の呼び名。屋根の大棟と直角な面(建物の短辺側のことが多い)を「妻」という。切妻造りや入母屋造りの側面にできる三角形の部分。
寄棟造り(ヨセムネヅクリ)
大棟から四方向に斜面をふきおろした屋根の形式。広い意味では、同様の屋根をもつ建物のことを指す。(図例参照)
切妻造り(キリヅマヅクリ)
大棟から両側に二つの斜面をふきおろした屋根の形式。広い意味では、同様の屋根をもつ建物のことを指す。(図例参照)
入母屋造り(イリモヤヅクリ)
切妻造りの下部の四方に庇をつけ、1つに統一したような屋根の形式。広い意味では、同様の屋根をもつ建物のことを指す。(図例参照)
流造り(ナガレヅクリ)
切妻造り、平入りの形式で、正面側の屋根の流れを長く延ばして反りを付け、これを向拝にした社殿。(図例参照)
権現造り(ゴンゲンヅクリ)
本殿と拝殿の間に相の間または石の間と呼ばれる空間を配置する平面構成を一棟の建物とするため複雑な屋根をかけた社殿。(図例参照)
懸造り(カケヅクリ)
急な斜面や段差のある場所に建物を建てる際、床面を水平に保つため床下柱の長さを調整して、床の高さを揃える工法。崖造り。
日吉造り(ヒエヅクリ)
身舎(モヤ)に対し、正面だけでなく両側面にも庇がついた形式。日吉大社に典型的な神社建築様式。(図例参照)
春日造り(カスガヅクリ)
切妻造り・妻入りの形式で、屋根が曲線を描いて反り、正面に片流れの庇(向拝)を付したもの。庇と大屋根は一体となっている。奈良・春日大社に典型的な神社建築様式。(図例参照)
間(ケン)
①柱と柱との間(あいだ)を間(けん)と呼ぶ。
②尺貫法における長さの単位で、1間は約1.8182メートルに相当する。
一間社(イッケンシャ)
神社本殿で、身舎・母屋(モヤ)正面の柱間が一つ(一間)のもの。 (図例参照)
三間社(サンゲンシャ)
神社本殿で、身舎・母屋(もや)正面の柱間が三つ(三間)のもの。
三間一戸(サンゲンイッコ)
正面の柱間数が三つ(三間)で、中央の柱間が開口部となる門の形式。
檜皮葺き(ヒワダブキ)
屋根葺き技法の一つ。ヒノキの樹皮と竹釘などを用いて施工された屋根。
桁、桁行(ケタユキ)
大棟に対して平行方向に位置し、屋根荷重を支える水平材の総称。その向き、長さを「桁行」という。
梁、梁間(ハリマ)
大棟や桁に対して直行方向(妻側)に掛かる水平材のこと。その向き、長さを「梁間」という。
身舎・母屋(モヤ)
主要な柱に囲まれた建物の中心部・空間。
向拝(コウハイ)
屋根の一部が前方に突き出し,拝礼の場所となっているところ(大屋根から張り出して庇を設けた部分)。 (図例参照)
化粧屋根裏
天井を張らず、垂木(タルギ)や梁(ハリ)など屋根裏の構造材を見せるようにした形式。
浜床(ハマユカ)
神社本殿などの向拝の階段下にある低い縁。(図例参照)
蔀戸(シトミド)
格子に板を張ったもの、あるいは板を表裏から格子ではさんだものを、はね上げて開閉する戸。 (画像参照)
板唐戸
1枚または数枚の厚い板をはぎあわせた扉を軸吊りの開き戸としたもの。
妻戸
建物の端にある戸。
隅木(スミギ)
寄棟造りや入母屋造りの屋根が45度に取り合うとき、そこに入れる部材。 (画像参照)
破風(ハフ)
切妻造りや入母屋造りの屋根の側面についている山形の板。または板の取り付いているところ。(画像参照)
唐破風(カラハフ)
中央が凸形にむくり、左右両端が反り上がる破風。 (画像参照)
向唐門(ムカイカラモン)
前後に唐破風の付く門。 (図例参照)
軒唐破風(ノキカラハフ)
軒先の一部に造りだされた唐風破。
千木(チギ)
屋根の両端で交叉させた木のこと。(図例参照)
堅魚木(カツオギ)
大棟の上に棟に直角になるように何本か平行して並べた断面が円形の木のこと。堅緒木、鰹木ともいう。(図例参照)
蟇股(カエルマタ)
本来は上部構造の重みを支えるもの。寺社建築などで、頭貫(カシラヌキ)または梁(ハリ)の上、桁との間などに置かれる山形の部材。平安時代中期以降に、単に装飾として、さまざまに彫刻して妻などにつけられるようになった。カエルが足を広げた形に似ているところからこの名がある。 (図例参照)
須弥壇(シュミダン)
仏堂内部に造られる、仏像や厨子などを安置するための壇。 (図例参照)
長押(ナゲシ)
柱同士の上部などを水平方向につなぎ、構造を補強するために、柱の外側から打ち付けられたもの。 (図例参照)
内法長押(ウチノリナゲシ)
鴨居の高さ位に取り付けた長押(ナゲシ)。 (図例参照)
吹寄格子(フキヨセコウシ)
2本または数本を一組にして作った格子。
欄間(ランマ)
一般に鴨居(カモイ)と天井との間に設けられた開口部のこと。採光や通風の役割を担ってるが、この部分には種々の装飾が施される。
菱組欄間(ヒシグミランマ)
格子や組子を菱形に組んだ欄間のこと。菱欄間(ヒシランマ)ともいう。
欄干(ランカン)
橋や建物の外縁などに縦横に材をわたして、人の墜落を防ぐ手すりで、装飾を兼ねるものもある。高欄ともいう。
高欄(コウラン)
縁、階段などの端に設ける伝統的な様式の手すり。装飾だけのもの、墜落防止を兼ねるものもある。(図例参照)
花頭窓(カトウマド)
寺社建築・城郭建築などに見られる。上枠を火炎形(火灯曲線)または、花形(花頭曲線)など曲線に造った窓。 火灯窓ともいう。(画像参照)
擬宝珠(ギボシ)
伝統的な建築物の装飾で橋や神社、寺院の高欄や階段などの親柱の上に設けられている宝珠形の飾り。(画像参照)
棟札(ムナフダ)
建物の建築・修築の記録・記念として、棟木・梁などに取り付けた札。
墨書(ボクショ)
建物の棟木(ムナギ)、梁などに書き残された建立年代、寸法、番付などの記述。
袴腰(ハカマゴシ)
鐘楼などにみられる、下層の末広がり(台形)になった袴(ハカマ)のような覆い部分。
水煙(スイエン)
塔の最上部に取り付ける相輪の一部で、九輪の上にある火炎をかたどった板状の透かし彫り金具。(図例参照)
粽(チマキ)
柱の上端下端をすぼめたもの。禅宗様の建築に見られる。
妻飾り
切妻、入母屋造りの屋根の妻に取付けられる装飾。
尾垂木(オダルキ)
組物から斜めに突き出している部材。(画像参照)
慶長年間
1596年から1615年までの期間を指す。
門跡(モンゼキ)
皇族・貴族が住職を務める特定の寺院、あるいはその住職のこと。
舟肘木(フナヒジキ)
(図例参照)
三手先(ミテサキ)
(図例参照)
向唐門
(図例参照)
虹梁(コウリョウ)
(図例参照)
大虹梁(ダイコウリョウ)
(図例参照)
懸魚(ゲギョ)
(図例参照)
木鼻(キバナ)
(図例参照)
宝形屋根
(図例参照)
大棟(オオムネ)
(図例参照)
頭貫(カシラヌキ)
(図例参照)
内法長押(ウチノリナゲシ)
(図例参照)
隅木(スミギ)
(画像参照)
蔀戸(シトミド)
(画像参照)
擬宝珠(ギボシ)
(画像参照)
垂木(タルキ)
(画像参照)
尾垂木(オダルキ)
(画像参照)
三手先(ミテサキ)
(画像参照)
舟板塀(フナイタベイ)
舟の側板を利用して建てられた塀。
穴太積み(アノオヅミ)
細工をしない自然石面による石垣の積方で、大津市坂本近くにある穴太の石工集団が用いた手法。
四阿(アズマヤ)
庭園などに眺望、休憩などの目的で設置される簡素な建屋。
座主(ザス)
延暦寺・金剛峰寺・醍醐寺などの大寺で、寺務を総括する最高位の僧。