鎌刃城コース 近江の南北国境の城と中山道の宿場を訪ねる(コース距離約14.1km)

  • マップを見る
  • もっと写真を見る
  1. JR 米原駅
    湖国バス
  2. バス停「番場」下車
    0.1km 2分
  3. 0.3km 5分
  4. 3.2km 96分
  5. 0.3km 9分
  6. 2.5km 38分
  7. 中山道・西番場
    0.1km 2分
  8. 本授寺
    2.4km 72分
  9. 1.6km 24分
  10. 0.3km 5分
  11. 上品寺(じょうぼんじ)
    0.5km 8分
  12. 0.4km 6分
  13. 専宗寺
    0.5km 8分
  14. 近江鉄道 鳥居本駅
    近江鉄道
  15. 近江鉄道 米原駅
    1.1km 17分(JR米原駅構内経由)
  16. 大谷吉継の首塚
    0.8km 12分
  17. JR 米原駅

コース内の表示数値はスポット間の距離と徒歩による所要時間であり、拝観等に要する距離・時間は含まれておりません。コースは全コース一日コースです。

ちょっと寄り道

お弁当:JR米原駅お弁当の「井筒屋」
東海道線が開通した明治22年(1889年)から米原駅で弁当販売の営業を続けている。米原駅構内売店、ホームで、湖北・琵琶湖の名産を取り入れた弁当を販売している。
商品:「近江牛大入飯」、「湖北のおはなし」、「面構え鱒ずし」ほか。
お土産品:有川製薬・有川薬局「赤玉神教丸(あかだましんきょうがん)」
中山道鳥居本宿に入ると、威厳のある昔ながらの商家があるが、江戸時代の万治元年(1658年)から350年間効き目で売れている胃腸薬の店である。今も薬局で薬を販売している。
商品:「赤玉神教丸」、「有川神教丸」、「有川七爽茶」ほか。
お土産品:「サンライズ出版」
鳥居本は佐和山城の城下町。鳥居本駅前にあるサンライズ出版では佐和山城、彦根城を始め近江の戦国に関する本等を販売している。
観光:鳥居本宿の合羽所跡「木綿屋」
中山道鳥居本宿の合羽は享保5年(1720年)から製造され保湿性、防水性に富み雨の多い木曽路に向かう旅人に評判であった。最盛期は15軒の合羽所があった。昭和の戦前まで製造し出荷していた。今もなごりの合羽の形をした看板が軒先に残っている。
観光:「上品寺」の法海坊の釣鐘
TEL0749-22-4347
7代目の法海坊和尚が江戸を托鉢して作ったもので、鐘の周囲には遊女等も協力者として名前が刻まれている。托鉢の様子は歌舞伎のモデルにもなるほど有名であり、第二次世界大戦時に供出されず今も残っている。

ページトップへ戻る