本文までスキップ

  1. トップページ
  2. 詳細情報

漏刻祭(時の記念日)

6月10日の「時の記念日」に近江神宮で行われます。近江神宮の祭神は天智(てんち)天皇。日本で初めて漏刻(水時計)を用いて時を計ったた人物といわれており、この歴史的な偉業を讃て行われています。 現在は、王朝装束をまとった時計関係者約200人が、袿袴姿のびわ湖大津観光親善使節4人を従えて新製品の時計を献納します。祭典には舞楽も奉納されます。境内には漏刻をはじめ日時計などが設けられ、時計博物館には各種の和時計をはじめとして古今の時計が展示されています。

撮影場所

大津市

撮影日

2004年06月

カテゴリー

季節

漏刻祭(時の記念日)

07317

  • 検索結果一覧へ戻る