本文までスキップ

  1. トップページ
  2. 詳細情報

余呉湖の秋

 賤ヶ岳(約422m)を一つ隔てた琵琶湖の北にあります。面積約1.8平方キロメートル・周囲約6.4km、水深13m、三方を山で囲まれた断層盆地にあって、琵琶湖との水面落差が49m近くあります。古くは、琵琶湖を大江(をおうみ)、余呉湖を伊香(いか)の小江(をうみ)と称し、天女の羽衣や龍神・菊石姫の伝説が残る神秘の湖です。別名「鏡湖」とも呼ばれます。
 白鳥に姿を変えて水浴びを楽しんでいた8人の天女の姉妹のうち、伊香刀美(いかとみ)に羽衣を取られた末妹だけが天に帰れなくなり、夫婦となって2男2女をもうけたという物語です。また羽衣を取ったのは桐畑太夫で、菅原道真がその子であると伝える話もあります。
 余呉湖と琵琶湖にのみ棲息する特産物・イワトコナマズをはじめ、ワカサギ、フナ、コイ、ウナギ、ナマズなど魚類も多くいます。夏は水面近くをフナの大集団が回遊する姿が見られ、冬には水鳥も飛来します。
 湖畔には、遊歩道などの施設が完備され、レンタサイクルも利用できます。

●規模
 面積約1.8平方キロメートル・周囲約6.4km、水深13m

●観光資源
 天女の羽衣や龍神・菊石姫の伝説、イワトコナマズ、ワカサギ、フナ、コイ、ウナギ、ナマズ、水鳥

●余呉湖のわかさぎ釣り
 余呉湖の冬の風物詩。初心者にも手軽に釣れます。

撮影場所

長浜市

撮影日

2003年12月

カテゴリー

季節

関連情報

余呉湖

余呉湖の秋

03062

  • 検索結果一覧へ戻る