本文までスキップ

  1. トップページ
  2. 一覧
  3. 詳細情報

長浜城の桜(滋賀のええフォト☆コンテスト2016春)

 戦国時代末期に豊臣秀吉が城主として過ごした長浜城は、江戸時代前期に廃城になり、遺構は彦根城や大通寺に移築されました。その跡には、僅かな石垣と井戸だけが残されていましたが、昭和58年(1983)に安土桃山時代の城郭を模して「昭和新城」を復元されました。内部は歴史博物館として公開されています。
 2階展示室は「ひらけゆく湖北・長浜」をテーマに、宗教、文化や秀吉と長浜に関する資料を展示しており、3階では小堀遠州の美の世界、国友鉄砲、織物などの長浜の文化を紹介しています。スライド、トライビジョン、ビデオ、イラストを用いて、テーマ別に親切に説明されています。湖北を一望する5階の展望台では、ナレーションや効果音によって、戦国時代における長浜の重要性を実感することができます。

撮影場所

長浜市

撮影日

2016年04月

カテゴリー

季節

関連情報

長浜城(長浜城歴史博物館)

長浜城の桜(滋賀のええフォト☆コンテスト2016春)

13623

  • 検索結果一覧へ戻る