本文までスキップ

  1. トップページ
  2. 一覧
  3. 詳細情報

海津大崎の桜とカヌー(滋賀のええフォト☆コンテスト2016春)

 琵琶湖の北端、海津湾の東に波食によって突き出た岩礁地帯です。琵琶湖国定公園の中でも有数の景勝地で、「暁霧(ぎょうむ)・海津大崎の岩礁」として、琵琶湖八景の1つに数えられています。断崖が湖に迫る岬の端に真言宗智山派の大崎寺が建ちます。
 また、春には樹齢80年を越える老桜から次世代へ引き継ぐ若木まで約800本の華麗なソメイヨシノがびわ湖岸約4kmにわたり続きます。例年、見頃は4月上旬~中旬となり、近畿圏では遅咲きの桜名所として知られています。この美しい景観を後世に継承していくため、地元「美しいマキノ・桜守の会」が中心となり保全活動にも取り組んでいます。
 付近は1年を通じて雄大な奥琵琶湖の自然が満喫でき、快適なドライブコースまたはサイクリングコースとしても人気です。また、海津東口からは、自然遊歩道「近江湖の辺の道」が整備され、快適な散策が楽しめます。

●観光資源
 大崎寺、ソメイヨシノの桜並木、弁天浜、自然遊歩道「近江湖の辺の道」

●琵琶湖八景「暁霧:海津大崎の岩礁」

撮影場所

高島市

撮影日

2016年04月

カテゴリー

季節

関連情報

海津大崎

海津大崎の桜とカヌー(滋賀のええフォト☆コンテスト2016春)

13607

  • 検索結果一覧へ戻る