湖西(高島)

その他エリア

湖西エリアは琵琶湖の西部に位置し、古来より京都・奈良と北陸を結ぶ交通の要衝として栄えてきました。また、日本海側に近いことから夏には涼しく、冬季はスキー場が賑わっています。山々に囲まれ、琵琶湖の景観も美しい町のカフェは日ごろの疲れを癒やしてくれます。

レストラン ヒナタ
Restaurant hinata

豊かな自然に囲まれた美しいロケーション、南プロヴァンスを感じさせる穏やかな空気に包まれた一軒家のレストラン。食材は、店のすぐ裏手にある畑で無農薬・自家栽培したもので、四季折々のメニューが魅力。薪で時間をかけてじっくり焼く石窯料理もこだわりのひとつで、本格的なピザはもちろんパウンドケーキなどの焼き菓子や、なんと
「ビワマスの塩釜焼き」まで味わえるというから驚き。カフェタイムの定番「ケーキセット(1000円)」は、季節の果物をまるごと使ったジューシーなスイーツや石窯で焼き上げた焼き菓子など、4種類のケーキが一度に味わえてお得感があると女性客からも好評だ。

  • 白壁とタイルの装飾が美しいカフェ空間は店主の手造り
  • 明るい日差しが降り注ぐ店内は開放感に溢れた空間
  • こだわりの「石窯ピッツァマルゲリータ(1200円)」など
  • 可愛らしい花々がさりげなく飾られ華やかな雰囲気

店舗情報

住所 〒520-1502 高島市新旭町針江475‐3 [詳細]
営業時間 ランチ午前11時~午後12、ディナー午後5時30分~午後10時(ともに予約必要)
休業日 火曜日
電話番号 0740-25-4753
URL http://hinata525.shiga-saku.net/

「hinata」にひなたぼっこしに来てくださいね。きっとの〜んびりした時間を過ごせますよ

ハル
HULL

高島市新旭水鳥観察センター内にあるカフェ。店名「HULL」は「お店のマスコット、ヤギのハルちゃんのように誰からも愛される存在になれるよう」という理由から。安心・安全にこだわったスイーツは、一つひとつ丁寧に手作りしたもの。その時に一番美味しい果物を厳選して使用するため、メニューは季節限定で展開。「あめ色りんごのせフレンチトースト(350円)」は、ほんのり甘いパン生地に、青森りんごのフレッシュな果汁が融け合う一皿。生産国の人々を支援するフェアトレードチョコレートを使用した「ガトーショコラ(350円)」は上品な味わいを楽しめる。

  • 入って左が水鳥観察センター(入館料200円)で右手がカフェ。「ワンコイン(500円)で済むように」とカフェのコーヒーは300円に
  • 10月後半から4月初旬頃まで、窓の外に優雅な渡り鳥の姿を見ることができる
  • フェアトレードのチョコレート(各300円)や、オリジナルのオーガニックコーヒー豆も販売(680円)
  • 木の温もりを感じさせる薪ストーブが、ロッジ風の静かな店内にゆったりとした時間を運ぶ

店舗情報

住所 〒520-1531 高島市新旭町饗庭1600-1 高島市新旭町水鳥観察センター内 [詳細]
営業時間 午前10時~午後5時 ランチは正午~午後2時(2時30分L0)
休業日 火曜日
電話番号 0740-25-5803
URL http://okubiwako.net/mizudori/cafe/index.html

地元の新鮮野菜をたっぷり使ったビュッフェスタイルのランチ(1,580円)もおすすめ。事前予約すれば100円引きでお得だよ

コティカフェ
koti cafe

店名の「Koti(コティ)」とはフィンランド語で“家”の意味。「もうひとつの家のようにくつろぎに来てほしい」というオーナーの想いが込められたカフェ。新日本街路樹百選にも選ばれたメタセコイヤ並木のそばにあり、窓の外に広がる四季折々の景色が訪れた人の心を和ませる。人気のケーキセット(800円)は4種類から。季節限定のゆずソースがトッピングされたシフォンケーキは、油分を使わず米粉100%で仕上げたもっちり食感。地元で採れた果物や、黒ゴマきなこを練り込んだ自家製アイスも週替りでついてくる。「ごぼうと牛スジ肉のトマト煮ドリア(800円)」など、こだわりのドリアメニューにも注目を。

  • 大自然に佇む、白い壁の小さなカフェ。近くには観光施設「マキノピックランド」も
  • 美しい景色が目の前に広がるロケーション。福井や京都、大阪など県外から訪れるお客さんも
  • 10食限定のハンバーグランチ(950円)。きのこのおひたしなど季節限定の前菜もいただける
  • 店内には手作り雑貨が並ぶほか時々ライブ演奏も!もとはみんなお客さんだったそう

店舗情報

住所 〒520-1821 高島市マキノ町沢1443-1 [詳細]
営業時間 午前11時~午後6時
休業日 水曜日
電話番号 0740-27-0021
URL https://www.facebook.com/koticafe

ゆっくりくつろいでもらえると嬉しいです。身体の中からきれいになれるヘルシーなメニューをお楽しみください

おうみどう
淡海堂

昔は城下町として栄えていた旧高島町。その情緒あふれる街並みに溶け込むようなレトロモダンな建物が印象的な洋菓子店。老舗の醸造酢会社が運営している。人気は地元安曇川で無農薬栽培されたアドベリーをクリームに練りこんだ「アドベリーロール(1本1,155円)」。添加物は一切使用せず、国産小麦や地元の卵、国産生クリームなど厳選材料で焼きあげられた生地はふわふわでほんのり甘い。店頭に並ぶロールケーキは、手土産や贈り物はもちろん店内のイートインコーナー(全席禁煙)で一切れから気軽にいただける。

  • 情緒ある街並みによく似合う、落ち着いた雰囲気の建物。レトロな看板が目印
  • 大正ロマンを感じさせるモダンな空間。店頭には焼き菓子や季節限定のスイーツも
  • 勝野シュー(1個147円)。注文を受けてから詰める濃厚クリームにサクッとした皮が香ばしい
  • 天然醸造酢を製造する「淡海酢」が洋菓子店を運営するためお酢商品も店頭に並ぶ

店舗情報

住所 〒520-1121 高島市勝野1406-2 [詳細]
営業時間 午前9時~午後6時
休業日 水曜日
電話番号 0740-36-0218
URL http://www.tankaisu.co.jp/omido/

旬の味覚が楽しめるスイーツも展開していますので、ぜひお気軽にご来店ください

アイヤ カフェ
AIYa cafe

琵琶湖を望む美しいロケーションに佇むガーデンカフェ。体に優しい素材を使ったこだわりのメニューとともに、ゆったりとしたひと時が過ごせる。甘酸っぱいチーズケーキとハーブティーの組み合わせが爽やかな「ケーキセット(819円)」は、庭園で栽培した生摘みハーブが楽しめる優雅な一品。注文を受けてからドリップするコーヒーは、コーヒー鑑定士焙煎の豆を使用。また、地元の野菜やフルーツ、近江牛やミルク豚など最高の食材で作るビーフカレーやレモンステーキなど、ホテルレストランのようなランチもぜひ堪能してみたいところ。目でも舌でも満足できる贅沢メニューが気軽に味わえる使い勝手の良いカフェ。

  • 青少年育成を目的とする宿泊施設も備える
  • 白を基調とした清潔感溢れる店内
  • ブイヨンからじっくりと時間をかけて煮込んだ「カレー(1,260円)」は絶品!
  • 地元の“ドリーム・だんだん”の方々が丁寧に織ったさおり織の小物販売&ワークショップも

店舗情報

住所 〒520-1112 高島市永田8-45 [詳細]
営業時間 午前10時~午後7時
休業日 月曜(祝日は営業)
電話番号 0740-36-1689
URL http://www.charming.or.jp/

四季を通じてサイクリングやトレッキング、釣り、山菜採り、ホタル鑑賞、湖水浴など多彩な体験も楽しめるロケーションです。またイベントやワークショップも開催しておりますのでお気軽にお尋ねください

このページの先頭へ戻る