1. HOME
  2. 年表

江および姫たちの略年表

1573年 (元亀4年)
江、生まれる。父は近江国小谷城主・浅井長政、母は織田信長の妹・お市の方。
姉は、淀殿(幼名:茶々)と初。お江は三女。
同年  (天正元年)
父長政、信長に敗れて自刃。江ら三姉妹は、母・市とともに信長にひきとられる。
※こののち、三姉妹は市とともに、伊勢上野城等で過ごす。
1582年 (天正10年)
「本能寺の変」信長、死す。
同年
市、柴田勝家に嫁ぐ。三姉妹も勝家の居城、越前・北ノ庄城に移る。
1583年 (天正11年)
勝家、秀吉に敗れる(賎ヶ岳の戦い)。市、勝家とともに自刃。三姉妹は、秀吉にひきとられる。
1584年 (天正12年)
江、尾張国大野城主・佐治一成に嫁ぐ。しかし、短期間で離縁となる。
1587年 (天正15年)
初、京極高次に嫁ぐ。
1592年 (天正20年)
江、秀吉の甥・羽柴秀勝に嫁ぐ。
まもなく秀勝は出陣し、朝鮮で病死。
※江と秀勝との間に生まれた娘は、淀が養育することになる。
1593年 (文禄2年)
淀、秀吉の子捨(のちの秀頼)を産む。
1595年 (文禄4年)
江、徳川秀忠(のちの二代将軍)に嫁ぐ。
1598年 (慶長3年)
豊臣秀吉、没。
1600年 (慶長5年)
関ヶ原の戦い。
1603年 (慶長8年)
徳川家康、征夷大将軍となり、江戸に幕府を開く。
同年
江と秀忠の長女・千姫、大坂城の秀頼に嫁ぐ。
1605年 (慶長10年)
秀忠、二代将軍となる。
1614年 (慶長19年)
大坂冬の陣。和睦交渉に、初が活躍する。
1615年 (慶長20年)
大坂夏の陣。淀、秀頼とともに自刃。
1620年 (元和6年)
江と秀忠の娘・和子、入内(後水尾天皇の中宮となる)
1623年 (元和9年)
江と秀忠の長男・家光、三代将軍となる。
1626年 (寛永3年)
江、江戸城にて没す。