1. HOME
  2. 系譜図

系譜図

江

江

養源院蔵

(崇源院・すうげんいん) 三女

1573年(天正元年)〜1626年(寛永3年)

崇源院は浅井長政と織田信長の妹のお市の娘で浅井三姉妹の末娘として、小谷城で生まれました。名は小督(おごう)江与(えよ)などの諸説があります。

父長政が母お市の兄信長と対立し小谷城が攻め落とされ、父長政、祖父の久政が自刃しましたが、生まれてまもないお江は、お市、姉の茶々、初とともに信長に保護されました。

1582年(天正10年)
本能寺の変で信長が家臣の明智光秀の謀反によって自刃に追い込まれる。その後、母お市が信長の家臣である柴田勝家と再婚。越前国北ノ庄城へ移りました。
1583年(天正11年)
賤ヶ岳の戦いに敗れ北ノ庄城が落城、勝家とお市は自害、三姉妹は秀 吉に保護されました。
1584年(天正12年)
秀吉の命により11歳でお江は、母お市の姉(お犬の方)の子、佐治一成へ嫁ぎましたが、同年一成は秀吉の怒りにふれ、離縁させられます。
1592年(文禄元年)
再び秀吉の命により秀吉の甥秀勝の元へ嫁ぎ、完子(さだこ)をもうけますが、文禄の役で秀勝は死去。
1595年(文禄4年)
23歳で秀吉の養女となり、徳川秀忠に嫁ぎ、長男・長丸、次男・竹千代、三男・国松、長女・千姫、次女・珠姫、三女・勝姫、四女・初姫、五女・和子(まさこ)の三男五女をもうけます。
1626年(寛永3年)
江戸城にて54歳で没。

茶々

茶々

伝淀殿画像 奈良県立美術館蔵

(淀殿) 長女

1567年(永禄10年)または1569年(永禄12年)〜
1615年(慶長20年)

淀殿が秀吉の側室になったのは、1588年(天正16年)頃になります。秀吉との間に二人の子をもうけましたが、一人目は幼くして亡くなっています。二人目の子は1593年(文禄2年)に生まれ豊臣秀頼となります。

1598年(慶長3年)秀吉が病没後、豊臣方と徳川方との間に戦が起こり、1614年(慶長19年)には大坂の冬の陣、翌年、大坂の夏の陣で秀頼とともに自害しました。

初

初

常高寺蔵 小浜市教委提供

(常高院・じょうこういん)次女

1570年(元亀元年)〜1633年(寛永10年)

初は、現在の滋賀県大津市にあった大津城の城主京極氏当主、京極高次に嫁ぎます。大津城は、関ヶ原の合戦における前哨戦の舞台になり高次とともに籠城したといわれています。

大坂の陣では、徳川方と豊臣方との仲を取りもつことに奔走しました。三姉妹の中で一番長生きで、64歳で亡くなりました。

浅井長政

浅井長政

滋賀県安土城考古博物館蔵

1545年(天文14年)〜1573年(天正元年)

浅井氏を北近江の戦国大名として成長させ、信長の妹お市を妻として迎えることで織田信長と同盟を結びました。後に信長と対立して織田軍との戦いに敗れて自刃。

市

市

滋賀県安土城考古博物館蔵

1547年(天文16年)〜1583年(天正11年)

織田信長の妹、市姫とも小谷(おだに)の方とも言われています。
兄の命により浅井長政に嫁ぎました。

小谷城落城後、三姉妹とともに信長に保護され信長の死後、1582年(天正10年)織田家の家臣であった柴田勝家に嫁ぎました。
翌年1583年(天正11年)夫の勝家が秀吉と対立して賤ヶ岳の戦いで敗れ、勝家とともに越前北ノ庄城内にて自害。