法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. イベント
  3. 大津祭

大津祭おおつまつり

最終更新日 : 2015年6月29日

 湖国三大祭の1つ。京町三丁目ある天孫(てんそん)神社の例祭です。江戸時代初頭から行われていた祭礼で、県の無形民俗文化財に指定されています。古くは四宮祭と呼ばれました。本祭当日には、ゴブラン織りや精巧な金具に飾られた、豪華絢爛な13基の曳山巡行があり、一連の行事の中でもっとも人気の高いハイライトです。 コンコンチキチンの囃子とともに、所望場所で巧妙なからくりを演じながら巡行します。

西行桜狸山(さいぎょうざくらたぬきやま)
源氏山(げんじやま)
殺生石山(せっしょうせきざん)
湯立山(ゆたてやま)
西宮蛭子山(にしのみやえびすやま)
孔明祈水山(こうめいきすいざん)
龍門滝山(りゅうもんたきやま)
西王母山(せいおうぼざん)
石橋山(しゃっきょうざん)
神功皇后山(じんぐうこうごうやま)
月宮殿山(げっきゅうでんざん)
猩々山(しょうじょうやま)
郭巨山(かっきょやま)

 これら13基の曳山は、毎年組み立てては解体するもので、県下の曳山では例を見ません。 珍しいのは曳山で使うからくり人形です。大津祭に導入されたからくり人形や見送り幕、屏風は、全国的にみても最古の部類であり、しかも、一流の細工師によって作られたもので、日本芸能史においても注目されています。からくりとは一般に仕掛け装置のあるものの総称ですが、中でも、鯛釣り・鯉の滝登りなどは独特のメカニズムがあって、大変興味深いものです。

 「宵宮」には、夕刻から、からくり人形などの曳き山飾りが、各町の役員宅に飾られ道路から見学できます。翌日の「本祭」は、9時30分から曳山巡行が始められます。まず、最初に神社の鳥居前でからくりが演じられた後、京町通、県庁前通、浜通を経て電車通りから中町通を巡行し、途中、中央大通で休憩し、京町通、寺町通などを経て午後5時頃終了します。この長い巡行路をまわる間中、コンコンチキチンの囃子があり、厄除のちまきを撒きながら行くので、周辺は大変な人出で賑わいます。

ウェブサイト NPO大津祭曳山連盟
開催地 天孫神社
アクセス
公共交通機関
JR琵琶湖線 大津 徒歩 3 分 
京阪電鉄/石山坂本線 島ノ関または浜大津 徒歩 5 分 
名神大津ICから約5分
その他
駐車場有り
お問い合わせ

NPO大津祭曳山連盟

TEL : 077−525−0505