法人・学校エージェント

  1. 滋賀県観光情報
  2. イベント
  3. すし切り祭り

すし切り祭りすしきりまつり

最終更新日 : 2016年1月14日

下新川神社(しもにいかわじんじゃ)の例祭で行われる神事で、祭神の豊城入彦命(とよきいりひこのみこと)が湖賊の平定に向かう際、この地で休憩したおり、ふなの塩漬けを焼いて献上したところ大層喜ばれたという故事が起源とされています。神事は裃(かみしも)姿に脇差を差した当番の若者二人が古式通りにふなずしを調理していきます。真魚箸という鉄製の箸と包丁を両手に持ち、まな板に載せられたふなずしを切り分けますが所作をピタリと合わせ、すべて無言で行ないます。介添え役はすし切り役を務めたことのある「板直し」と呼ばれる先輩二人で、かいがいしく汗を拭いたりするのもユーモラスで観客からも笑いがこぼれます。各家の成人した長男が行うことになっており、古いしきたりが色濃く残っているとされています。続いて国の無形文化財に選択されている「諫鼓(かんこ)の舞い」などが奉納されます。

開催地 下新川神社
アクセス
公共交通機関
JR琵琶湖線 守山 バス 下新川神社下車すぐ
お問い合わせ

守山市観光物産協会

TEL : 077-582-1266

FAX : 077-599-1080

Email: http://www.moriyamayamamori.jp